« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020.02.22

「チャーリーズ・エンジェル」

往年のTVシリーズ「チャーリーズ・エンジェル」の映画版・再度・・という感じ。
TVシリーズも好きだったし、ドリュー・バリモア、キャメロン・ディアス、ルーシー・リューで作った映画版の前シリーズ2本も好きだったので、満を持して鑑賞。

ストーリーは、天才プログラマーのエレーナは、自身が開発した新エネルギー源“カリスト”が兵器に悪用されていることに気づき、エンジェルたちに調査を依頼する。


で、「カリストを巡ってあちこちでアクションが繰り広げられ・・・という展開で、アクション物のエンタメ的には面白い。
ただ、チャーリーズ・エンジェルと言えば、3人の美女エージェントに現場指揮者のボスレーと影の立役者のチャーリーという筋立てなんだけど、なんと本作ではエンジェルが多数(実働は3人組のようだけど)、ボスレーも多数(役職名みたいなものという設定)、でラストシーンではチャーリーもなにやら・・・・

う~~ん、ちょっと寂しいなぁ・・
まあ、この設定でもヨシはよしなんだけど・・・・・

Img259 監督:エリザベス・バンクス
製作:ダグ・ベルグラッド エリザベス・カンティロン マックス・ハンデルマン エリザベス・バンクス
製作総指揮:マシュー・ハーシュ レナード・ゴールドバーグ ドリュー・バリモア ナンシー・ジュボネン
原案:エバン・スピリオトポウロス デビッド・オーバーン
脚本:エリザベス・バンクス
撮影:ビル・ポープ
美術:アーロン・ヘイ
衣装:キム・バレット
編集:アラン・ボームガーテン
音楽:ブライアン・タイラー
音楽監修:ジュリアンヌ・ジョーダン ジュリア・ミシェルズ
主題歌:アリアナ・グランデ マイリー・サイラス ラナ・デル・レイ
キャスト:クリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカ、エリザベス・バンクス、ジャイモン・フンスー、サム・クラフリン、ノア・センティネオ、パトリック・スチュワート、ジョナサン・タッカー、ルイス・ヘラルド・メンデス、ナット・ファクソン

DATE:2020/02/22 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

 

| | コメント (0)

2020.02.17

「パラサイト 半地下の家族」

韓国映画。
豪邸に暮らす裕福な家族と出会った極貧家族が繰り広げる過激な生き残り計画の行方を描いた作品。
韓国映画はあまり得意?(というか苦手)な分野なので、食指が延びなかったのだが、カンヌのパルムドールに続いて、アカデミーの作品賞も受賞してしまったので、とりあえずの鑑賞。

筋は、家族全員失業中で半地下の貧乏アパートに暮らすキム一家。
ひょんなことから、長男のギウのもとにエリート大学生の友人から留学中の代役として、IT企業のCEOであるパク氏の娘の家庭教師の代役の話が舞い込む。
経歴を偽り家族の信頼を得た、ギウは今度は言葉巧みに妹のギジョンを美術の家庭教師として家族に紹介し、パク家に招き入れることに成功する。こうして少しずつパク家の中に自分たちの居場所を確保していくキム一家だったが…。

そして、家族全員が、パク一家に潜り込み、それなりの生活を得たはずだと思ったはずだった。

実は家政婦として潜り込むにあたって、おいだした前任者にも秘密があった。
そのことが終盤の悲劇につながることに・・・

う~~ん、なぜ職をえた時点で、満足?できなかったのだろうなぁ・・
当然、上をみればキリが無いし、半地下のしたにも地下があったということなのだけど、もうちょっとうまく立ち回ることが出来たよなぁ・・・っと個人的は思う。

作品の中には、日本のことを嘲笑するようなエピがあることを突く人もいるようだけど、そんなことは置いといてもいいんじゃないかなぁ・・

まあ、面白く無かったとは言えないけど、あまり納得できる作品では無かったなぁ・・・

Img258 監督:ポン・ジュノ
製作:クァク・シネ ムン・ヤングォン チャン・ヨンファン
脚本:ポン・ジュノ ハン・ジヌォン
撮影:ホン・ギョンピョ
美術:イ・ハジュン
衣装:チェ・セヨン
編集:ヤン・ジンモ
音楽:チョン・ジェイル
キャスト:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン、チョン・ジソ、チョン・ヒョンジュン、パク・ソジュン

DATE:2020/02/17 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

 

| | コメント (0)

2020.02.01

「バッドボーイズ フォー・ライフ」

ウィル・スミス&マーティン・ローレンス主演による大ヒットアクション映画「バッドボーイズ」の17年ぶり新作となるシリーズ第3弾。

前2作も観ているの、どうしても見ないわけにはいかないよねぇ・・
(しかし、どうも最近はシリーズものが多いなぁ・・・)

独身生活を謳歌する敏腕ベテラン刑事のマイクとその相棒マーカスは、マイアミ市警の名物コンビ“バッドボーイズ”。しかし家庭を大事にするマーカスが、家族のために危険な仕事からの引退を決意する一方、マイクも若手のエリート捜査官で結成された新チームへの配属を命じられる。新たな部署ではメンバーから老人扱いされ、まるで噛み合わないマイクだったが、捜査中に何者かから執拗に命を狙われ始める。追い詰められたマイクは、マーカスを説得しついにバッドボーイズを再結成すると、正体不明の巨大な敵へと立ち向かっていくのだったが…。

で、一度は銃弾を受けてベッド行きになったマーカス・・なんだけど、復活して捜査をするうちに、敵の正体に気づくと、なんとマーカスのまいた種が原因だったとかいうオチ・・チャンチャン・・とじゃ落ちないんですが・・

まあ、メキシコに乗り込んでドンパチアクションは流石。
一気見してしまいました。

Img257 監督:アディル・エル・アルビ ビラル・ファラー
製作:ジェリー・ブラッカイマー ウィル・スミス ダグ・ベルグラッド
製作総指揮:チャド・オマン バリー・ウォルドマン マイク・ステンソン ジェームズ・ラシター
原案:ピーター・クレイグ ジョー・カーナハン
脚本:クリス・ブレムナー ピーター・クレイグ ジョー・カーナハン
撮影:ロブレヒト・ハイファールト
美術:ジョン・ビリントン
衣装:デイナ・ピンク
編集:ダン・レーベンタール ピーター・マクナルティ
音楽:ローン・バルフェ
キャスト:ウィル・スミス、マーティン・ローレンス、バネッサ・ハジェンズ、アレクサンダー・ルドウィグ、チャールズ・メルトン、パオラ・ヌニェス、ケイト・デル・カスティーリョ、ニッキー・ジャム、ジョー・パントリアーノ、テレサ・ランドル、ビアンカ・ベチューン、ジェイコブ・スキピオ、DJキャレド

DATE:2020/02/01 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »