« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020.01.25

「リチャード・ジュエル」

クリント・イーストウッド監督作品。
あいかわらずクリント・イーストウッドはいいところ持ってくるなぁ・・・

1996年のアトランタ五輪で大会期間中に起きた爆弾テロをめぐる実話を映画化したサスペンス・ドラマ。
1996年、オリンピックが開催中のアトランタ。高齢の母と2人暮らしの不器用で実直な男リチャード・ジュエル。警備員をしていた彼は、多くの人でにぎわうイベント会場で不審なリュックを発見し、中身の爆発物に気づいたことで大惨事を未然に防いだ。マスコミはこぞって彼を英雄として報道するも、捜査に当たるFBIは次第に第一発見者のリチャードに疑いの目を向け始める。その動きを地元メディアが実名で報道したのをきっかけにマスコミ報道は過熱し、リチャードは全国民から激しいバッシングを受けるようになっていく。そんな窮地に陥ったリチャードを、息子の無実を信じる母親と弁護士のワトソンだけが懸命に支えていくのだったが…。

アメリカでも見込み捜査ってやつで冤罪が作られていくストーリーを見せられた感あり。
ただ、日本とアメリカの司法制度の違いで、早くから弁護士が同席して事情聴取を受けたり、過剰な繰り返しの質問を抑えたりと、納得の場面も。

日本では人質司法と言われているほどの拘束期間と、単独の尋問でおそらく罪を認める状況になっていたのだろうなぁ・・と見ながら考えてしまっていた。

良作です。

Img256 監督:クリント・イーストウッド
製作:クリント・イーストウッド ティム・ムーア ジェシカ・マイヤー ケビン・ミッシャー レオナルド・ディカプリオ ジェニファー・デイビソン ジョナ・ヒル
原案:マリー・ブレナー
脚本:ビリー・レイ
撮影:イブ・ベランジェ
美術:ケビン・イシオカ
衣装:デボラ・ホッパー
編集:ジョエル・コックス
音楽:アルトゥロ・サンドバル
キャスト:ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ジョン・ハム、オリビア・ワイルド、ニナ・アリアンダ、イアン・ゴメス

DATE:2020/01/25 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★☆

 

| | コメント (0)

2020.01.11

「フォードvsフェラーリ」

 マット・デイモンとクリスチャン・ベイルの共演で熱き男たちの不可能への挑戦を描いた感動の実話ドラマ。1960年代後半のル・マン24時間レースを舞台に、アメリカ最大の自動車メーカー、フォード社から絶対王者フェラーリ打倒を託されたはみ出し者2人のプライドと情熱を懸けた戦いの行方を、リアルを追求した迫力のカーレース・シーンとともに描き出す。

カーレースは嫌いではないので、観に行ってしまったが、フォードがフェラーリを傘下に収めようとしていたという話は知らなかった。
確かに今はフィアットの傘下だよなぁ・・っと思いつつ見ていた。

映像に出てくる車は実車なのか、レプリカなのか良くできていた。
(某所の情報だと、公道を走れる復刻版だとか)

Img255 監督:ジェームズ・マンゴールド
製作:ピーター・チャーニン ジェンノ・トッピング ジェームズ・マンゴールド
製作総指揮:ケビン・ハローラン デーニ・バーンフェルド マイケル・マン
脚本:ジェズ・バターワース ジョン=ヘンリー・バターワース ジェイソン・ケラー
撮影:フェドン・パパマイケル
美術:フランソワ・オデュイ
衣装:ダニエル・オーランディ
編集:マイケル・マカスカー アンドリュー・バックランド
音楽:マルコ・ベルトラミ バック・サンダース
キャスト:マット・デイモン、クリスチャン・ベール、ジョン・バーンサル、カトリーナ・バルフ、トレイシー・レッツ、ジョシュ・ルーカス、ノア・ジュプ、レモ・ジローネ、レイ・マッキノン、J・J・フィールド、ジャック・マクマレン

DATE:2020/01/11 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »