« 「ジェミニマン」 | トップページ | 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」 »

2019.11.16

「エンド・オブ・ステイツ」

「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続き、ジェラルド・バトラーがアメリカ大統領専属シークレットサービスのマイク・バニングを演じる人気アクションシリーズ第3弾。

世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレットサービスのマイク・バニングは英雄として名を馳せ、副大統領から大統領となったトランブルからの信頼も絶大だった。しかし、歴戦の負傷によって肉体がむしばまれ、近頃は引退も考えるようになっていた。そんなある日、休暇中のトランブル大統領が大量のドローンによって襲撃される事件が発生。マイクが容疑者としてFBIに拘束されてしまう。隙をついて逃げ出したマイクは、何者かが仕組んだ陰謀を暴くため奔走するが……。

主演のバトラー以外に、モーガン・フリーマンが全作に出ている・・・しかし、モーガン・フリーマンの大統領は結構いろんな作品でも見るけど、似合うなぁ・・・・

筋としては、黒幕の判明が早かったのと、最後のボスキャラ的存在の対決部分があっけなかったかなという印象。
あの連中も、もっと粘るシーンがあってもとおもったけど、早めに対決シーンを持って来たかったのか、なんとなくあっけなかったという印象。
マイクの父親との部分と、ラストのエンドロール前後のシーンはちょっとほのぼの・・・
さて、次作はあるのだろうか・・・でも、見るのだろうなぁ・・


 


 


 


 

監督: リック・ローマン・ウォー
製作: マシュー・オトゥール、 ジョン・トンプソン、 レス・ウェルドン、 ヤリフ・ラーナー、 ジェラルド・バトラー、 アラン・シーゲル
製作総指揮: クリスタ・キャンベル、 ラティ・グロブマン、 マーク・ギル
アビ・ラーナー、 トレバー・ショート、 ハイディ・ジョー・マーケル、 デビッド・ベルナルディ、 ジェフリー・グリーンスタイン、 ジョナサン・ヤンガー
キャラクター創造: クレイトン・ローゼンバーガー、 ケイトリン・ベネディクト
原案: クレイトン・ローゼンバーガー、 ケイトリン・ベネディクト
脚本: ロバート・マーク・ケイメン、 マット・クック、 リック・ローマン・ウォー
撮影: ジュールズ・オロフリン
美術: ラッセル・デ・ロザリオ
衣装: ステファニー・コーリー
編集: ガブリエル・フレミング
音楽: デビッド・バックリー、 モーガン・フリーマン、 ジェイダ・ピンケット・スミス、ニック・ノルティ、 ランス・レディック、 ティム・ブレイク・ネルソン、 パイパー・ペラーボ、 ダニー・ヒューストン

DATE:2019/11/16 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

 

|

« 「ジェミニマン」 | トップページ | 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ジェミニマン」 | トップページ | 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」 »