« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019.07.07

「新聞記者」

韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演を務める社会派サスペンス。
東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤をオリジナルストーリーで描き出した骨太の作品。

東都新聞の記者・吉岡エリカのもとに、医療系大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、強い思いを秘めて日本の新聞社で働く彼女は、真相を突き止めるべく調査に乗り出す。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原は、現政権に不都合なニュースをコントロールする任務に葛藤していた。そんなある日、杉原は尊敬するかつての上司・神崎と久々に再会するが、神崎はその数日後に投身自殺をしてしまう。

話の中では、内調が情報をコントロールしようとし、果ては新聞社の上層部らしきところにも圧力を書けているふうな話の展開。
実際にはどうなのかは??なところ・・あくまでもフィクションという前提なのだが。

新聞記者とは何か、報道の役割とは何か、ジャーナリズムは何を目指すべきか。一般市民にとって本当に必要な情報とは何か。
そんな問いかけをした良作だと思う。

しかしながら、何故に韓国の女優さんが主演なのだろう・・・確かに筋としては韓国人の母親とのハーフという設定だったが、設定が先かキャストが先だったのか・・・惜しい気がした。

監督: 藤井道人
原案: 望月衣塑子、 河村光庸
脚本: 詩森ろば、 高石明彦、 藤井道人
企画: 河村光庸
製作: 河村光庸
エグゼクティブプロデューサー: 河村光庸、 岡本東郎
プロデューサー: 高石明彦
共同プロデューサー: 行実良、 飯田雅裕、 石山成人
撮影: 今村圭佑
照明: 平山達弥
録音: 鈴木健太郎
美術: 津留啓亮
衣装: 宮本まさ江
ヘアメイク: 橋本申二
編集: 古川達馬
音楽: 岩代太郎
主題歌: OAU
演出補: 酒見顕守
ラインプロデューサー: 平山高志
キャスト: シム・ウンギョン、 松坂桃李、 本田翼、 岡山天音、 郭智博、 長田成哉、 宮野陽名、 高橋努、 西田尚美、 高橋和也、 北村有起哉、 田中哲司、 望月衣塑子、 前川喜平、 マーティン・ファクラー

 

DATE:2019/07/07 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »