« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »

2019.03.28

「翔んで埼玉」

「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。

基本的にギャグ漫画はあまり好きでは無いので(パタリロも知ってはいるが、あまり読んだことは無かった・・)、原作ももちろん知らなかった。
予告編は他の作品を見た時にみていたが、あまり引かれなかったのだけど、話題になって結構受けているようなので、一応県民としては見ておくべきかなっと思った次第。映画としても、コメディ物はあまりみないのだが・・・

筋としては、埼玉県民は東京都民からひどい差別を受けており、東京へ入るのにも通行手形が必要で、手形がなければ即強制送還という屈辱の日々を送っていた。東京の超名門校・白鵬堂学院でも、都知事の息子で生徒会長の壇ノ浦百美によって埼玉県人は容赦ない迫害にあっていた。そんなある日、アメリカからの帰国子女・麻実麗が転校してくる。容姿端麗で洗練された立ち居振る舞いの彼だったが、実は隠れ埼玉県人で、埼玉解放戦線のメンバーだった。
そこから、千葉を巻き込んでの対東京戦線が張られて、決着は・・・ということになるのだが・・・

まあ、キャストは豪華!!
テンポはまあまあ・・・原作がだいぶ古いので、若干設定に苦労したきらいはあるが、そんなもんだなとかあるあるってな感じ。

まあ、悪くなかった・・・ラストシーンは、地下の水害用大貯水空間で撮ったようだが、これはヨシかな。

 Img244 

監督:武内英樹
原作:魔夜峰央
脚本:徳永友一
製作:石原隆、村松秀信、遠藤圭介
プロデューサー:若松央樹、古郡真也
撮影:谷川創平
照明:李家俊理
録音:加藤大和
美術:あべ木陽次
美術プロデューサー:三竹寛典、古川重人
美術進行:森田誠之
装飾:竹原丈二
人物デザイン監修:柘植伊佐夫
衣装デザイン:柘植伊佐夫
衣装:田中まゆみ
ヘアメイク:塚原ひろの、千葉友子、タナベコウタ
VFXプロデューサー:赤羽智史
編集:河村信二
音楽:Face 2 fAKE
主題歌:はなわ
ミュージックエディター:小西善行
サウンドエディター:伊東晃
フォーリーアーティスト:伊東晃
記録:渡辺美恵
監督補:森脇智延
助監督:楢木野礼
制作担当:碓井祐介
アソシエイトプロデューサー:片山令子、高木由佳
ラインプロデューサー:関口周平
キャスト:二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌、間宮祥太朗、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、武田久美子、麿赤兒、竹中直人、京本政樹、JAGUAR

 

DATE:2019/03/24 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★☆

 

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »