« 「蜘蛛の巣を払う女」 | トップページ | 「七つの会議」 »

2019.01.20

「マスカレード・ホテル」

東野圭吾原作のマスカレードシリーズの第1弾「マスカレード・ホテル」の映画化。
原作は既読で、結構好きな作品だったので、シリーズ3作とも既読。
本作は、個人的にはキャストがいまいち好きでは無いのだけど、原作に魅力があったので、鑑賞した次第。
(新田役が好きでは無いのだよなぁ・・・前作の「検察側の罪人」も原作は好きな作品だったのだけど、キャストに違和感があったので、鑑賞を見送った・・・

都内で不可解な3つの連続殺人事件が発生し、現場に残された暗号から次の犯行場所としてホテル・コルテシア東京が浮かび上がってくる。しかし犯人への手がかりは一切なく、警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断、エリート刑事の新田浩介がホテルのフロントクラークを務めることに。そこで優秀な女性フロントクラークの山岸尚美が新田の教育係として就くが、そんな2人の前には“仮面”で素性を隠した怪しげな宿泊客が次から次へとやって来る。犯人逮捕のことしか頭にない新田と、あくまで“お客様第一”の尚美は、ことあるごとに衝突を繰り返してしまうのだったが…。
犯人は誰だ、被害者候補は誰だ・・・というところが見せ場なのだが、原作はもうちょっと新田君が大人なのだけどなぁ・・・

まあ、映像化という意味では良く撮れていたのでは無いかなっと思うが、やはりキャストに不満が残る作品でした。



Img242

監督: 鈴木雅之
原作: 東野圭吾
脚本: 岡田道尚
製作: 石原隆、 木下暢起、 藤島ジュリーK、 市川南
エグゼクティブプロデューサー: 臼井裕詞
プロデューサー: 上原寿一、 和田倉和利
アソシエイトプロデューサー: 日高峻
ラインプロデューサー: 森賢正
撮影: 江原祥二
照明: 吉角荘介
録音: 武進
美術: あべ木陽次
衣装デザイン: 黒澤和子
美術進行: 杉山貴直
美術デザイン: 小林久之
装飾: 野本隆行
美術プロデュース: 三竹寛典
編集: 田口拓也
音楽: 佐藤直紀
選曲: 藤村義孝
音響効果: 壁谷貴弘
スクリプター: 山縣有希子
VFXスーパーバイザー: 小坂一順
カラーグレーダー: 齋藤精二
キャスティング: 緒方慶子
助監督: 吉村達矢
製作担当: 鍋島章浩
キャスト: 木村拓哉、 長澤まさみ、 小日向文世、 梶原善、 泉澤祐希、 東根作寿英、 石川恋、
濱田岳、 前田敦子、 笹野高史、 高嶋政宏、 菜々緒、 生瀬勝久、 宇梶剛士、 橋本マナミ、 田口浩正、 勝地涼、 松たか子、 鶴見辰吾、 篠井英介、 石橋凌、 渡部篤郎

DATE:2019/01/19 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

|

« 「蜘蛛の巣を払う女」 | トップページ | 「七つの会議」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マスカレード・ホテル」:

« 「蜘蛛の巣を払う女」 | トップページ | 「七つの会議」 »