« 「三度目の殺人」 | トップページ | 「ブレードランナー 2049」 »

2017.09.30

「僕のワンダフル・ライフ」

名匠ラッセ・ハルストレム監督がW・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を実写映画化し、飼い主の少年と再び巡り会うため生まれ変わりを繰り返す犬の奮闘を描いたドラマ。

ゴールデン・レトリーバーの子犬ベイリーは、暑い夏の日、車に閉じ込められているところを8歳の少年イーサンに助けられ、彼の家族に引き取られる。夏休みにはイーサンとアメフトのボールで毎日のように遊び、強い絆で結ばれていく。高校生となったイーサンは将来有望なアメフト選手として活躍する。ある日、ベイリーは遊園地でイーサンと美少女ハンナの出会いを演出してあげる。おかげで2人はたちまち恋人同士に。いつまでもイーサンと一緒にいると誓ったベイリーだったが、ついに寿命を迎えてしまい、大きな悔いを残しながらこの世を去ることに。しかしベイリーの執念が通じたのか、エリーという女の子のシェパードとなって再びこの世に舞い降りたベイリーだったが…。

4回の転生を経て、やっとイーサンの元へ戻って、更に、ベイリーの得意技を披露して、ベイリーだと思い出せるところなんか、犬好きなら涙ちょちょぎれもののお話。

個人的には猫派だけど、なかなかの好作品だった。



Img223

監督: ラッセ・ハルストレム
製作: ギャビン・ポローン
製作総指揮: アラン・C・ブロンクィスト、 マーク・スーリアン、 ローラ・ファイファー
原作: W・ブルース・キャメロン
脚本: W・ブルース・キャメロン、 キャサリン・ミション、 オードリー・ウェルズ、 マヤ・フォーブス、 ウォーリー・ウォロダースキー
撮影: テリー・ステイシー
美術: マイケル・カーリン
衣装: シェイ・カンリフ
編集: ロバート・レイトン
音楽: レイチェル・ポートマン
音楽監修: ライザ・リチャードソン
キャスト: デニス・クエイド、 ペギー・リプトン、 ブライス・ゲイザー、 K・J・アパ、 ブリット・ロバートソン、 ジュリエット・ライランス、 ルーク・カービー、 ガブリエル・ローズ、 マイケル・ボフシェ、 カービー・ハウエル=バプティスト、 ジョン・オーティス、 プーチ・ホール、 ジョシュ・ギャッド

DATE:2017/09/30 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

|

« 「三度目の殺人」 | トップページ | 「ブレードランナー 2049」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/65856076

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕のワンダフル・ライフ」:

« 「三度目の殺人」 | トップページ | 「ブレードランナー 2049」 »