« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016.09.28

「ハドソン川の奇跡」

クリント・イーストウッド監督作品。主演はトム・ハンクス。
2009年にニューヨークで旅客機がハドソン川に不時着し、世界中で大きなニュースとなった奇跡の生還劇に秘められた知られざる実話を映画化した作品。

クリント・イーストウッドはいつもながら良い題材を選ぶもんだなぁ・・・っと感心。

2009年1月15日。乗員乗客155人を乗せた旅客機が、ニューヨークのラガーディア空港を離陸した直後に鳥が原因のエンジン故障に見舞われ、全エンジンの機能を失ってしまう。機体が急速に高度を下げる中、管制塔からは近くの空港に着陸するよう指示を受けるが、空港までもたないと判断したチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー機長は、ハドソン川への不時着を決断する。そしてみごと機体を水面に着水させ、全員の命を守ることに成功する。この偉業は“ハドソン川の奇跡”と讃えられ、サリーは英雄として人々に迎えられた。ところがその後、サリーの決断は本当に正しかったのか、その判断に疑義が生じ、英雄から一転、事故調査委員会の厳しい追及に晒されるサリーだったが…。

当然、この事故は大量に報道されていたので、リアルタイムで知ってはいたが、事故調が入って機長に疑いがかけられていたとは知らなかった。
構成もうまいなぁ・・・事故調のシーンから回想シーンとして事故発生時のシーンが挿入されて、次はシミュレーション、最後にボイスレコーダーの再生っと・・・う~~ん、素晴らしい・・・良作です。



Img209

監督: クリント・イーストウッド
製作: クリント・イーストウッド、 フランク・マーシャル、 アリン・スチュワート、 ティム・ムーア
製作総指揮: キップ・ネルソン、 ブルース・バーマン
原作: チェズレイ・サレンバーガー、 ジェフリー・ザスロー
脚本: トッド・コマーニキ
撮影: トム・スターン
美術: ジェームズ・J・ムラカミ
衣装: デボラ・ホッパー
編集: ブル・マーレイ
音楽: クリスチャン・ジェイコブ、 ザ・ティアニー・サットン・バンド
キャスト: トム・ハンクス、 アーロン・エッカート、 ローラ・リニー

DATE:2016/09/28 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.06

「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」

スーパー・イリュージョニスト・チーム“フォー・ホースメン”が巨大な悪に立ち向かう大ヒット・クライム・サスペンスの続編。

前作も見たのだが、だいぶ前なので詳細な部分を覚えていなかった。
で、続編なのだが、しばらく前作との繋がりを頭のなかで・・・・

前回のミッションから1年後。それぞれに姿をくらましていた“フォー・ホースメン”のメンバーたちが再集結した。目的は巨大IT企業オクタ社のプレゼンを乗っ取り、個人情報を巡る同社の不正を暴露すること。ところが、成功目前に天才エンジニアのウォルターによって阻止されてしまい、ホースメンは逃亡を余儀なくされる。しかもウォルターの罠にはまり、身柄まで拘束されてしまう。そして、世界のあらゆるシステムにアクセスが可能になるというチップをオクタ社から盗み出すよう脅迫されるホースメンだったが…。

最初のいきなりマカオというイリュージョンにはちょっと驚いたが、ラストは予測できた。まあ、テンポは悪くないし、それなりに面白いのだが、いまいち腑に落ちないところが・・・・

エンターテイメント作品としては良としましょ。



Img208

監督: ジョン・M・チュウ
製作: アレックス・カーツマン、 ロベルト・オーチー、 ボビー・コーエン
製作総指揮: ケビン・デラノイ、 ルイ・レテリエ、 エド・ソロモン
キャラクター創造: ボアズ・イェーキン、 エドワード・リコート
原案: エド・ソロモン、 ピート・チアレッリ
脚本: エド・ソロモン
撮影: ピーター・デミング
美術: シャロン・シーモア
衣装: アンナ・B・シェパード
編集: スタン・サルファス
音楽: ブライアン・タイラー
音楽監修: ランドール・ポスター
キャスト: ジェシー・アイゼンバーグ、 マーク・ラファロ、 ウッディ・ハレルソン、 デイブ・フランコ、 ダニエル・ラドクリフ、 リジー・キャプラン、 ジェイ・チョウリー、 サナ・レイサン、 マイケル・ケイン、 モーガン・フリーマン

DATE:2016/09/06 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »