« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016.08.26

「後妻業の女」

黒川博行原作で大竹しのぶ主演で映画化した作品。
久々に試写会に当たった。おそらく自らでは観賞しなかったかも・・・
原作は未読。

結婚相談所主催の婚活パーティで老人たちを虜にし、狙い通りに中瀬耕造と結婚した武内小夜子。2年後、耕造は脳梗塞で入院するとほどなく他界。葬儀の席で小夜子が耕造の2人の娘、朋美と尚子に突きつけたのは、全財産を小夜子に遺すと記された“遺言公正証書”だった。とうてい納得いかない朋美は同級生の弁護士に小夜子のことを調べてもらう。すると、小夜子が裕福な老人の後妻に入っては全財産を巻き上げるということを生業とする“後妻業の女”と判明。しかもそれを背後で操っていたのが結婚相談所の所長、柏木亨だったのだ。朋美は裏社会の探偵・本多芳則とともに2人を追及していく。そんな中、次なるターゲットとなる不動産王・舟山喜春に近づいていく武内小夜子だったが…。

あまり詳しく書くとネタばれになってしまうので、書かない方が良いとは思うが、詐欺師を騙す詐欺師もなぁ・・・・そして、ネタを掴んで詐欺師を揺する元刑事ってのもなぁ・・・

まあ、コメディ仕立てなのですが、なんかスッキリしないエンディングでしたねけ・・・私的にはガッカリ・・・かな。




Img207

監督: 鶴橋康夫
原作: 黒川博行
脚本: 鶴橋康夫
製作: 市川南
共同製作: 新開恒平、 奈良修、 横澤良雄、 薮下維也、 岩村卓、 中村理一郎、 田中晃、 松井清人、 高橋誠、 市村友一、 吉川英作、 宮本直人、 加太孝明、 東実森夫
プロデューサー: 秦祐子、 臼井央
ラインプロデューサー: 瀬崎秀人
プロダクション統括: 佐藤毅、 山内章弘
撮影: 柳島克己
照明: 根本伸一
録音: 赤澤靖大
美術: 愛甲悦子
装飾: 松田光畝
衣装: 兼子潤子
ヘアメイク: 中西樹里
編集: 山田宏司
音楽: 羽岡佳
音楽プロデューサー: 杉田寿宏
VFXスーパーバイザー: 大澤宏二郎
スクリプター: 阿保知香子
助監督: 木ノ本浩平
制作担当: 百々勲
キャスト: 大竹しのぶ、 豊川悦司、 尾野真千子、 長谷川京子、 水川あさみ、 風間俊介、 余貴美子、 ミムラ、 松尾諭、 笑福亭鶴光、 樋井明日香、 梶原善、 六平直政、 森本レオ、 伊武雅刀、 泉谷しげる、 柄本明、 笑福亭鶴瓶、 津川雅彦、 永瀬正敏

DATE:2016/08/25 ニッショーホール(試写会)
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.14

「X-MEN:アポカリプス」

マーベルコミック原作の人気アクション大作「X-MEN」の前日譚を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」のシリーズ続編。

人類の文明誕生以前からミュータントの力を使い、神として世界を支配していたアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚ました。人類の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは、世界に新たな秩序をもたらすため、マグニートーらを従え、世界の破滅を計画。プロフェッサーXやミスティークらが率いる若きX-MENたちは、アポカリプスの企みを阻止するため立ち上がるが……。

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」から続く3部作の最終話ということらしい。
お馴染みのX-MENだけど、娯楽大作に仕上がっている。
ウルヴァリンもちょこっと登場して、ラストには意味深なシーンも・・・・

ということで堪能しました。



Img206

監督: ブライアン・シンガー
製作: サイモン・キンバーグ、 ブライアン・シンガー、 ハッチ・パーカー、 ローレン・シュラー・ドナー
製作総指揮: スタン・リー、 トッド・ハロウェル、 ジョシュ・マクラグレン
原案: ブライアン・シンガー、 サイモン・キンバーグ、 マイケル・ドハティ、 ダン・ハリス
脚本: サイモン・キンバーグ
撮影: ニュートン・トーマス・サイジェル
美術: グラント・メイジャー
衣装: ルイーズ・ミンゲンバック
編集: ジョン・オットマン、 マイケル・ルイス・ヒル
音楽: ジョン・オットマン
視覚効果デザイン: ジョン・ダイクストラ
キャスト: ジェームズ・マカボイ、 マイケル・ファスベンダー、 ジェニファー・ローレンス、 オスカー・アイザック、 ニコラス・ホルト、 ローズ・バーン、 エバン・ピーターズ、 タイ・シェリダン、 ソフィー・ターナー、 オリビア・マン、 コディ・スミット=マクフィー、 アレクサンドラ・シップ、 ルーカス・ティル、 ジョシュ・ヘルマン、 ベン・ハーディ、 ラナ・コンドール

DATE:2016/08/14 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.09

「秘密 THE TOP SECRET」

原作は清水玲子のコミックだそうで、かなりの人気作とのこと。
まったく知らなかったので、当然原作も未読。

死者の記憶を映像化し、犯罪捜査を行う科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」。室長・薪剛の指揮により、新人捜査官の青木一行らが、家族惨殺事件で死刑となった男の記憶を映像化した。しかし、男の脳内映像として映し出されたのは、事件以来行方不明となっていた男の娘・絹子が家族に刃物を振り上げる姿だった。

この手の「人の記憶に潜行する」というモチーフは結構好きなので、本作も見てみたが、う~~~ん、なんだか話がごちゃごちゃしていて整理されていない印象を受けた。
それなりに映画版としての結末には辿り着いたようにしてあるのだが、??な部分が多々・・・まあ、いいかっ・・・て感じになってしまった。



Img205

監督: 大友啓史
原作: 清水玲子
脚本: 高橋泉、 大友啓史
製作総指揮: 大角正
エグゼクティブプロデューサー: 関根真吾、 青木竹彦
プロデューサー: 新垣弘隆、 小川真司、 福島聡司
企画: 伊藤仁吾
撮影: 石坂拓郎
照明: 平野勝利
美術: 橋本創
装飾: 渡辺大智
衣装デザイン: 澤田石和寛
キャラクターデザイン: 澤田石和寛
ヘアー: FUJIU JIMI
メイクアップ: MANAMI ISHIKAWA
録音: 湯脇房雄
音響効果: 大河原将
編集: 今井剛
音楽: 佐藤直紀
主題歌: SIA
VFXスーパーバイザー: 小坂一順
スクリプター: 河島順子
キャスティング: 高屋隆太
スケジュール: 桜井智弘
助監督: 田中諭
製作担当: 村松大輔
ラインプロデューサー: 田口雄介
キャスト: 生田斗真、 岡田将生、 吉川晃司、 松坂桃李、 栗山千明、 織田梨沙、 リリー・フランキー、 椎名桔平、 大森南朋、 大倉孝二、 木南晴夏、 平山祐介、 三浦誠己、 泉澤祐希、 望月歩、 前野朋哉、 小市慢太郎

DATE:2016/08/08 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »