« 「殿、利息でござる!」 | トップページ | 「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」 »

2016.05.31

「エンド・オブ・キングダム」

米大統領専属シークレットサービスとテロリストとの激しい攻防を、ジェラルド・バトラー主演で描いたアクションサスペンス「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。

前作も観賞済。

今回は物語の舞台を前作の米ホワイトハウスから、イギリスの首都ロンドンへと移し、テロリズムとの新たな戦いが描かれる。

物語の初端は、パキスタンでのドローンによる空爆で、狙った武器商人の家族の結婚式で本人もろとも一味の抹殺を狙ったが、生き延びられてしまいその恨みでテロを計画されてしまう・・・

なんか某海外TVドラマのシーズン3の第1話に似た話だなぁ・・・っと思いつつ見てました。

その事件から2年、ホワイトハウス陥落の悪夢からも2年。イギリスの首相が不可解な死を遂げ、ロンドンで行われる葬儀に各国首脳が出席することに。しかし、史上まれにみる厳戒態勢の中でも各国首脳を狙った同時多発テロが起こってしまう。米大統領と身辺を警護するシークレットサービスは、命からがらに危機から脱するのだが……。

こういう勧善懲悪物は、ヒーローは助かるものとして見るので、それなりに安心ではあるのだが、なかなかなテンポが良くてハラハラさせられた。
まあ、主役のマイクと大統領以外に、かなりの犠牲者を出してしまうところは、そういうものだのだろうなぁ・・・っと。

副大統領役のモーガン・フリーマンと犯人のやりとりが最後まで面白かった。
さて、次はあるのだろうか?



Img199

監督: ババク・ナジャフィ
製作: マーク・ギル、 ジョン・トンプソン、 マット・オトゥール、 レス・ウェルドン、 ジェラルド・バトラー、 アラン・シーゲル
製作総指揮: アビ・ラーナー、 トレバー・ショート、 ボアズ・デビッドソン、 クリスティン・オータル、 クリスティン・クロウ、 ハイディ・ジョー・マーケル、 ジギー・カマサ、 ガイ・アブシャロム
キャラクター創造: クレイトン・ローゼンバーガー、 ケイトリン・ベネディクト
原案: クレイトン・ローゼンバーガー、 ケイトリン・ベネディクト
脚本: クレイトン・ローゼンバーガー、 ケイトリン・ベネディクト、 クリスチャン・グーデガスト、 チャド・セント・ジョン
撮影: エド・ワイルド
美術: ジョエル・コリンズ
衣装: ステファニー・コーリー
編集: ポール・マーティン・スミス、 マイケル・デューシー
音楽: トレバー・モリス
キャスト: ジェラルド・バトラー、 アーロン・エッカート、 モーガン・フリーマン、 アロン・アブトゥブール、 アンジェラ・バセット、 ロバート・フォスター、 ジャッキー・アール・ヘイリー、 メリッサ・レオ、 ラダ・ミッチェル、 シャーロット・ライリー

DATE:2016/05/31 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

|

« 「殿、利息でござる!」 | トップページ | 「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/63710865

この記事へのトラックバック一覧です: 「エンド・オブ・キングダム」:

« 「殿、利息でござる!」 | トップページ | 「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」 »