« 「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 | トップページ | 「殿、利息でござる!」 »

2016.05.09

「64 ロクヨン 前編」

横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の前編。
原作は未読。

わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年の時が流れ、平成14年、時効が目前に迫っていた。かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信は、現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送っていた。そんなある日、ロクヨンを模したかのような新たな誘拐事件が発生する。

通称「ロクヨン」の誘拐殺人事件、警察内部抗争、警察と記者の軋轢、新たな事件。

NHKで連ドラとして放映されていたようだが、抜粋した特別編集版を見た。
抜粋でもなかなか面白かったが、本作もキャストは豪華だし、テンポも良い。
後編はいよいよ「ロクヨン」の真相に迫る部分になるのだが、1ヶ月がちょっと待ち遠しい。



Img197

監督: 瀬々敬久
原作: 横山秀夫
脚本: 久松真一、 瀬々敬久
脚本協力: 井土紀州
エグゼクティブプロデューサー: 平野隆
企画: 越智貞夫
プロデューサー: 木村理津、 大原真人、 渡邉敬介、 浅野博貴、 伊藤正昭
共同プロデューサー: 藤井和史
ラインプロデューサー: 武石宏登
撮影: 斉藤幸一
照明: 豊見山明長
録音: 高田伸也
美術: 磯見俊裕
装飾: 柳澤武
スタイリスト: 纐纈春樹
ヘアメイク: 那須野詞
VFXスーパーバイザー: 立石勝
サウンドエフェクト: 北田雅也
編集: 早野亮
スクリプター: 江口由紀子
音楽: 村松崇継
主題歌: 小田和正
助監督: 海野敦
制作担当: 篠宮隆浩
キャスト: 佐藤浩市、 綾野剛、 榮倉奈々、 夏川結衣、 窪田正孝、 坂口健太郎、 筒井道隆、 鶴田真由、 赤井英和、 菅田俊、 烏丸せつこ、 小澤征悦、 金井勇太、 芳根京子、 菅原大吉、
椎名桔平、 滝藤賢一、 奥田瑛二、 仲村トオル、 吉岡秀隆、 瑛太、 永瀬正敏、 三浦友和、
宇野祥平、 菜葉菜、 三浦誠己、 嶋田久作、 小橋めぐみ

DATE:2016/05/09 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

|

« 「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 | トップページ | 「殿、利息でござる!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/63604401

この記事へのトラックバック一覧です: 「64 ロクヨン 前編」:

» 「64(ロクヨン) 前編」 [ここなつ映画レビュー]
後編が待ち切れない。こんな気持ちは久々だ。昭和最後の7日間に起こった少女誘拐殺人事件。通称「64(ロクヨン)」。時効まであとわずか一年に迫った平成14年、事件は大きく動き出す…。そうか、昭和64年って、平成元年って、もはやこんなにノスタルジックな風景なのか。…当然息子達は生まれている筈もなく、道道が日の丸の半旗を掲げている通りの風景や、小渕官房長官がブラウン管の向こうで「新しい元号は‘平成’です」と楷書を掲げた光景は、彼らにとってはもはやあまりにも映画的なシーンなのであろう。知らない世界。想像力を掻... [続きを読む]

受信: 2016.05.12 12:37

« 「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 | トップページ | 「殿、利息でござる!」 »