« 「ルーム」 | トップページ | 「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 »

2016.04.19

「スポットライト 世紀のスクープ」

今年のアカデミー賞の作品賞、脚本賞を受賞した作品。
カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を基に、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描いた実録サスペンス。

2002年、アメリカの新聞「ボストン・グローブ」が、「SPOTLIGHT」と名の付いた新聞一面に、神父による性的虐待と、カトリック教会がその事実を看過していたというスキャンダルを白日の下に晒す記事を掲載した。社会で大きな権力を握る人物たちを失脚へと追い込むことになる、記者生命をかけた戦いに挑む人々の姿を、緊迫感たっぷりに描き出した。

事実をベースにした脚本が、淡々と物語を進めて行くところに好感がもてる。
ただ、日本ではキリスト教教会、カトリック教会が大きな力を持っているというのが、解り難いかもしれないと感じた。

第一報が出た後の編集部への読者の反応がラストシーンになるのだが、うまい演出だなっと思われた。

良作です。



Img195

監督: トム・マッカーシー
製作: マイケル・シュガー、 スティーブ・ゴリン、 ニコール・ロックリン、 ブライ・パゴン・ファウスト
製作総指揮: ジェフ・スコール、 ジョナサン・キング、 ピエール・オミダイア、 マイケル・ベダーマン、 バード・ドロス、 トム・オーテンバーグ、 ピーター・ローソン、 ザビエル・マーチャンド
脚本: ジョシュ・シンガー、 トム・マッカーシー
撮影: マサノブ・タカヤナギ
美術: スティーブン・H・カーター
衣装: ウェンディ・チャック
編集: トム・マカードル
音楽: ハワード・ショア
キャスト: マーク・ラファロ、 マイケル・キートン、 レイチェル・マクアダムス、 リーブ・シュレイバー、 ジョン・スラッテリー、 ブライアン・ダーシー・ジェームズ、 スタンリー・トゥッチ、 ビリー・クラダップ、 ジェイミー・シェリダン

DATE:2016/04/19 イオンシネマ板橋
評価:★★★☆

|

« 「ルーム」 | トップページ | 「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/63507833

この記事へのトラックバック一覧です: 「スポットライト 世紀のスクープ」:

« 「ルーム」 | トップページ | 「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 »