« 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 | トップページ | 「オデッセイ」 »

2015.12.26

「クリード チャンプを継ぐ男」

シルベスター・スタローン主演の名作で出世作であるロッキーシリーズの後を嗣ぐ作品。ロッキーシリーズのファンなので見逃せない作品でである。

クリードと言えば、ロッキーシリーズの中で忘れることの出来ないキャラクターで、1・2作目の対戦相手であり、そのトレーナにもなって友情を深めていった、アポロ・クリードその人の名である。

愛人の子だったアドニスは、母親が自分の出生と共に亡くなってしまった為、父アポロ・クリードについて良く知らないまま施設で育った。しかし、彼には父から受け継いだボクシングの才能があった。その後、アポロの正妻あるメアリー・アンに引き取られ不自由のない生活をしていたが、ボクシングへの情熱を断ち切ることができず、ついに会社も辞めてしまい、亡き父が伝説的な戦いを繰り広げたフィラデルフィアの地に降り立ち、父と死闘を繰り広げた男、ロッキー・バルボアにトレーナーになってほしいと頼む。ボクシングから身を引いていたロッキーは、アドニスの中にアポロと同じ強さを見出し、トレーナー役を引き受ける。

そして第1作目と同じように「アポロの息子」が知れ渡ったところで、引退試合のマッチメイクとして目を付けた現・チャンピオンのコンロンに挑まれる。

このあたりは1作目を彷彿とさせる展開で、試合の流れも結果もそれを強襲している。
まさに1作目のオーマジュという印象だけど、ロッキーはこれで良いんだ!!っと思わず涙している自分が居た。
2作目が出来たら、また見ても良いなぁ・・・



Img188

監督: ライアン・クーグラー
製作: ロバート・チャートフ、 アーウィン・ウィンクラー、 チャールズ・ウィンクラー、 ウィリアム・チャートフ、 デビッド・ウィンクラー、 ケビン・キング・テンプルトン、 シルベスター・スタローン
製作総指揮: ニコラス・スターン
キャラクター創造: シルベスター・スタローン
原案: ライアン・クーグラー
脚本: ライアン・クーグラー、 アーロン・コビントン
撮影: マリス・アルベルチ
美術: ハンナ・ビークラー
衣装: エマ・ポッター、 アントワネット・メッサン
編集: マイケル・P・ショーバー、 クローディア・カステロ
音楽: ルドウィグ・ゴランソン
音楽監修: ゲイブ・ヒルファー
キャスト: マイケル・B・ジョーダン、 シルベスター・スタローン、 テッサ・トンプソン、 フィリシア・ラシャド、 アンソニー・ベリュー、 グレアム・マクタビッシュ、 リッチー・コスター、 ウッド・ハリス、 アンドレ・ウォード、 ガブリエル・ロサド、 リカルド・“パッドマン”・マッギル、 マリク・バジール、 ジェイコブ・“スティッチ”・デュラン

DATE:2015/12/26 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★★

|

« 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 | トップページ | 「オデッセイ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/62942283

この記事へのトラックバック一覧です: 「クリード チャンプを継ぐ男」:

« 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 | トップページ | 「オデッセイ」 »