« 「マイ・インターン」 | トップページ | 「ジョン・ウィック」 »

2015.10.18

「サバイバー」

ミラ・ジョボビッチ、ピアース・ブロスナン主演のサスペンスアクション。

 ロンドンの米国大使館に派遣されたエリート外交官のケイト・アボット。その任務は、テロリストの不正入国を未然に防ぐこと。年の瀬も押し迫った12月29日、彼女はビザ申請された医療ガスの専門医に不審を抱き、独断で承認を保留する。するとほどなくして、大使館員たちが犠牲となった爆破テロが起き、間一髪で助かるケイト。それは凄腕の殺し屋“時計屋”がケイトを狙ったものだった。さらに、今度は同僚のビルに銃を向けられ、もみ合いの中でビルが銃弾に倒れ、ケイトは爆破テロと殺人の容疑で指名手配されてしまう。殺し屋ばかりか英米の捜査当局からも追われる中、大晦日のタイムズスクエアを狙った巨大テロ計画を突き止めたケイトは、たった一人でその阻止へと動き出す。

戦う女ミラ・ジョボビッチという印象は拭えない。
エージェントではなく一般の外交官というふれこみだが、濡れ衣を着せられてもやっぱり一人で戦っちゃうのですね。
最初のアフガンのシーンがナゾだったのですが、ビルに繋がっていたわけで、しかもこのテロの目的が・・・とは、なんだかなぁ~でした。
テンポは悪くないんだけど、やっぱり端折った感は拭えない部分が多々。
気になるのは、あの後始末はどうしたのかなぁ・・・・っと。

まあ、テンポの良い娯楽サスペンスとしては良かな。



Img182

監督: ジェームズ・マクティーグ
製作: チャールズ・ウィンクラー、 アーウィン・ウィンクラー、 マット・オトゥール、 レス・ウェルドン
製作総指揮: アビ・ラーナー、 トレバー・ショート、 ジェイソン・ブルーム
脚本: フィリップ・シェルビー
撮影: ダニー・ルールマン
美術: マックス・ゴットリーブ
衣装: ステファニー・コーリー
編集: ケイト・ベアード
音楽: イラン・エシュケリ
キャスト: ミラ・ジョボビッチ、 ピアース・ブロスナン、 ディラン・マクダーモット、 アンジェラ・バセット、 ロバート・フォスター、 ジェームズ・ダーシー、 フランシス・デ・ラ・トゥーア

DATE:2015/10/18 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

|

« 「マイ・インターン」 | トップページ | 「ジョン・ウィック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/62499149

この記事へのトラックバック一覧です: 「サバイバー」:

« 「マイ・インターン」 | トップページ | 「ジョン・ウィック」 »