« 「サバイバー」 | トップページ | 「エール!」 »

2015.10.21

「ジョン・ウィック」

キアヌ・リーブス主演のアクション映画。

凄腕の殺し屋だったジョンは愛する女性と暮らす為に裏社会から足を洗っていた。しかし、その愛する妻も病魔に倒れ一人になったと思った時、生前の妻から子犬が届き、平穏な暮らしに戻っていった。

そんな時、かつてのボスの息子がジョンの所有する車目当てで家に押し入り、更に、生きる希望だった子犬デイジーを殺して去っていった。
生きる希望だったデイジーを奪われたジョンは、かつてその名をとどろかせた裏社会に舞い戻り、ロシアンマフィアの組織を相手に単身戦いを挑む。

マフィアのボスのバカ息子が親の権威を自分の権威と勘違いして暴走し、結局組織をぶっ潰す羽目に・・・・ってのは、5月に公開されたリーアム・ニーソンの「ラン・オールナイト」と同じなのだが・・・

しかし、アクションシーンはなかなかテンポ良く、見応えがあって面白かった。



Img183

監督: チャド・スタエルスキ
製作: ベイジル・イバニク、 デビッド・リーチ、 エバ・ロンゴリア、 マイク・ウィザリル
製作総指揮: ピーター・ローソン、 マイク・アプトン、 ジョセフ・ビンセント、 エリカ・リー、 ケビン・フレイクス、 ラー・シン、 タラ・モロス、 ダレン・ブルメンタル、 ジャレッド・D・アンダーウッド、 アンドリュー・C・ロビンソン、 サム・X・アイデ、 キアヌ・リーブス
脚本: デレク・コルスタッド
撮影: ジョナサン・セラ
美術: ダン・リー
衣装: ルカ・モスカ
編集: エリザベート・ロナルズ
音楽: タイラー・ベイツ、 ジョエル・J・リチャード
アクション監督: ダリン・プレスコット、スタントコーディネーター、 ダリン・プレスコット
キャスト: キアヌ・リーブス、 ミカエル・ニクビスト、 アルフィー・アレン、 ウィレム・デフォー、 ディーン・ウィンタース、 エイドリアン・パリッキ、 オメル・バルネア、 トビー・レナード・ムーア、 ダニエル・バーンハード、 ブリジット・モイナハン、 ジョン・レグイザモ、 イアン・マクシェーン、 ブリジット・リーガン、 ランス・レディック、 ランダル・ダク・キム、 デビッド・パトリック・ケリー、 クラーク・ピータース、 ケビン・ナッシュ

DATE:2015/10/21 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★★

|

« 「サバイバー」 | トップページ | 「エール!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/62521574

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジョン・ウィック」:

» 「ジョン・ウィック」 [ここなつ映画レビュー]
リズムのある作品が好きである。今回は「殺しのリズム」。お約束な復讐劇の設定で、21世紀の世には存在しないような殺しのルールが存在し、しかしなんとまあカッコよかったことか!「キアヌ・リーブス完全復活」である。何から復活したのかはこの際問うまい。いやいやキアヌ・リーブス本当にカッコよかった!ガンファイトのシーンだけでももう一回観たい位だ。あー、息子がキアヌ・リーブスみたいな顔だったらなぁ!しかしもちろん息子はキアヌ・リーブスみたいな顔ではないし、私も男にその生業を捨てさせるようなブリジット・モナハンのよ... [続きを読む]

受信: 2015.11.02 16:23

« 「サバイバー」 | トップページ | 「エール!」 »