« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015.10.31

「エール!」

聴覚障害を持つ家族の中で生まれ育った健聴者の少女が、歌手になる夢を家族に理解してもらおうと奮闘する姿を描いたフランス製ヒューマンドラマ。
主演はフランスの人気オーディション番組から歌手デビューを果たし、本作が女優デビューとなる新星ルアンヌ・エメラ。

オーディション番組で優勝しただけあって、さすがに歌はうまい!!

フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ以外、両親も弟も全員耳が聴こえない。それでもポーラが通訳係をすることで、特段の不便も感じることなく、明るく楽しい家庭を築いていた。そんな中、ポーラは音楽教師に歌の才能を見出され、パリの音楽学校のオーディションを受けることを勧められる。歌手になることを夢みるポーラだったが、彼女の歌声を聴くことができない家族は、彼女なしでは日常生活もままならないと、動揺を隠せない。夢は諦めきれないが、家族のことを思うとどうしてもパリ行きを決断できないポーラだったが…。

結局、父親の後押しを受けて、オーディションを受ける決意をするポーラだったが、オーディションのシーンで歌詞に手話を付けてのくだりは良かった。
フランス映画は比較的苦手なのだけど、本作は良作でした。



Img184

監督: エリック・ラルティゴ
製作: エリック・ジュエルマン、 フィリップ・ルスレ、 ステファニー・バーマン
原作: ビクトリア・ベドス
脚本: ビクトリア・ベドス、 スタニスラス・カレ・ド・マルベルグ、 エリック・ラルティゴ
撮影: ロマン・バンダン
美術: オリビエ・ラド
編集: ジェニファー・オージェ
音楽: エフゲニー・ガルペリン、 サーシャ・ガルペリン
キャスト: ルアンヌ・エメラ、 カリン・ビアール、 フランソワ・ダミアン、 エリック・エルモスニーノ、 ロクサーヌ・デュラン、 イリアン・ベルガ、 ルカ・ジェルベール

DATE:2015/10/31 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.21

「ジョン・ウィック」

キアヌ・リーブス主演のアクション映画。

凄腕の殺し屋だったジョンは愛する女性と暮らす為に裏社会から足を洗っていた。しかし、その愛する妻も病魔に倒れ一人になったと思った時、生前の妻から子犬が届き、平穏な暮らしに戻っていった。

そんな時、かつてのボスの息子がジョンの所有する車目当てで家に押し入り、更に、生きる希望だった子犬デイジーを殺して去っていった。
生きる希望だったデイジーを奪われたジョンは、かつてその名をとどろかせた裏社会に舞い戻り、ロシアンマフィアの組織を相手に単身戦いを挑む。

マフィアのボスのバカ息子が親の権威を自分の権威と勘違いして暴走し、結局組織をぶっ潰す羽目に・・・・ってのは、5月に公開されたリーアム・ニーソンの「ラン・オールナイト」と同じなのだが・・・

しかし、アクションシーンはなかなかテンポ良く、見応えがあって面白かった。



Img183

監督: チャド・スタエルスキ
製作: ベイジル・イバニク、 デビッド・リーチ、 エバ・ロンゴリア、 マイク・ウィザリル
製作総指揮: ピーター・ローソン、 マイク・アプトン、 ジョセフ・ビンセント、 エリカ・リー、 ケビン・フレイクス、 ラー・シン、 タラ・モロス、 ダレン・ブルメンタル、 ジャレッド・D・アンダーウッド、 アンドリュー・C・ロビンソン、 サム・X・アイデ、 キアヌ・リーブス
脚本: デレク・コルスタッド
撮影: ジョナサン・セラ
美術: ダン・リー
衣装: ルカ・モスカ
編集: エリザベート・ロナルズ
音楽: タイラー・ベイツ、 ジョエル・J・リチャード
アクション監督: ダリン・プレスコット、スタントコーディネーター、 ダリン・プレスコット
キャスト: キアヌ・リーブス、 ミカエル・ニクビスト、 アルフィー・アレン、 ウィレム・デフォー、 ディーン・ウィンタース、 エイドリアン・パリッキ、 オメル・バルネア、 トビー・レナード・ムーア、 ダニエル・バーンハード、 ブリジット・モイナハン、 ジョン・レグイザモ、 イアン・マクシェーン、 ブリジット・リーガン、 ランス・レディック、 ランダル・ダク・キム、 デビッド・パトリック・ケリー、 クラーク・ピータース、 ケビン・ナッシュ

DATE:2015/10/21 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015.10.18

「サバイバー」

ミラ・ジョボビッチ、ピアース・ブロスナン主演のサスペンスアクション。

 ロンドンの米国大使館に派遣されたエリート外交官のケイト・アボット。その任務は、テロリストの不正入国を未然に防ぐこと。年の瀬も押し迫った12月29日、彼女はビザ申請された医療ガスの専門医に不審を抱き、独断で承認を保留する。するとほどなくして、大使館員たちが犠牲となった爆破テロが起き、間一髪で助かるケイト。それは凄腕の殺し屋“時計屋”がケイトを狙ったものだった。さらに、今度は同僚のビルに銃を向けられ、もみ合いの中でビルが銃弾に倒れ、ケイトは爆破テロと殺人の容疑で指名手配されてしまう。殺し屋ばかりか英米の捜査当局からも追われる中、大晦日のタイムズスクエアを狙った巨大テロ計画を突き止めたケイトは、たった一人でその阻止へと動き出す。

戦う女ミラ・ジョボビッチという印象は拭えない。
エージェントではなく一般の外交官というふれこみだが、濡れ衣を着せられてもやっぱり一人で戦っちゃうのですね。
最初のアフガンのシーンがナゾだったのですが、ビルに繋がっていたわけで、しかもこのテロの目的が・・・とは、なんだかなぁ~でした。
テンポは悪くないんだけど、やっぱり端折った感は拭えない部分が多々。
気になるのは、あの後始末はどうしたのかなぁ・・・・っと。

まあ、テンポの良い娯楽サスペンスとしては良かな。



Img182

監督: ジェームズ・マクティーグ
製作: チャールズ・ウィンクラー、 アーウィン・ウィンクラー、 マット・オトゥール、 レス・ウェルドン
製作総指揮: アビ・ラーナー、 トレバー・ショート、 ジェイソン・ブルーム
脚本: フィリップ・シェルビー
撮影: ダニー・ルールマン
美術: マックス・ゴットリーブ
衣装: ステファニー・コーリー
編集: ケイト・ベアード
音楽: イラン・エシュケリ
キャスト: ミラ・ジョボビッチ、 ピアース・ブロスナン、 ディラン・マクダーモット、 アンジェラ・バセット、 ロバート・フォスター、 ジェームズ・ダーシー、 フランシス・デ・ラ・トゥーア

DATE:2015/10/18 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.12

「マイ・インターン」

アン・ハサウェイ、ロバート・デ・ニーロ主演のハートフルドラマ。

 ファッション通販サイトを起業し、ニーズを的確に掴んで短期間で急成長させることに成功したジュールズ。そんな彼女の会社に、シニア・インターン制度によって採用された70歳のベン。妻に先立たれ、新たなやりがいを求めて再び働くことを望んだ彼だったが、若者ばかりの会社ではすっかり浮いた存在に。ところが、ベンはそんなカルチャー・ギャップを楽しみ、たちまちオフィスの人気者に。一方、ここまで仕事も家庭も順調そのものだったジュールズは、急速に拡大した会社の経営にうまく対応することができず大きな試練に直面していた。そんな時、彼女の支えになってくれたのは、どこか疎ましく思っていた人生の先輩、ベンだった。

若い女性がCEOであるということ、パートナーは家で専業主夫になるということ、若い社員の扱いのこと、そしてシニアの・・・・と問題てんこ盛りなんですが、悪い人が出てこないのです。
決してテンポ良くちゃくちゃく進んでいる作品ではないんですが、なんともいえないテンポで進んでいて、時間を感じさせません。
ペイジを演じた子役のジョジョ・・・良いなぁ・・・



Img181

監督: ナンシー・マイヤーズ
製作: ナンシー・マイヤーズ、 スザンヌ・ファーウェル
製作総指揮: セリア・コスタス
脚本: ナンシー・マイヤーズ
撮影: スティーブン・ゴールドブラット
美術: クリスティ・ゼア
衣装: ジャクリーン・デメテリオ
編集: ロバート・レイトン
音楽: セオドア・シャピロ
音楽監修: ランドール・ポスター、 ジョージ・ドレイコリアス
キャスト: ロバート・デ・ニーロ、 アン・ハサウェイ、 レネ・ルッソ、 アダム・ディバイン、 アンダース・ホーム、 ジョジョ・カシュナー、 リンダ・ラビン、 ジェイソン・オーリー、 ザック・パールマン、 アンドリュー・ラネルズ、 クリスティーナ・シェラー

DATE:2015/10/12 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.05

「罪の余白」

内野聖陽主演のサスペンス・ドラマ。原作は芦沢央の同名ベストセラーとのこと。
原作は未読。

大学で心理学の教鞭を取る安藤は、ある日、高校のベランダから娘の香奈が転落したとの連絡を受ける。娘の死を受け止められず、酒浸りの日々を送る。ところが、ふとしたきっかけから娘の日記を発見し、木場咲というクラスメイトが娘の死に深く関わっていることに気づく。彼女は美しく聡明でスクールカーストの頂点に君臨する生徒たちの憧れの的。しかし、その邪悪な裏の顔を知った安藤は、咲に自分の罪を認めさるべく迫っていくのだったが…

心理学の授業でのテーマが「ダブルバインド」(二重拘束)・・カーストの上位に君臨する咲はこれをうまく利用して他人をコンロトールしていた。
そして心理学の教授としての安藤は酒を断ち本腰を入れて咲を追い込んで行こうと・・・
ただなぁ・・・対決のラストのシーンがベランダのそのシーンでは唐突すぎるきらいが・・もう少し伏線があっても良かったかな。
咲を演じた吉本実憂はなかなかの好演だった・・・あまり好きなタイプではないけど。

イオンシネマの大宮は初めて利用した・・・直近の浦和美園では上映していなかった・・・



Img180

監督: 大塚祐吉
原作: 芦沢央
脚本: 大塚祐吉
製作: 安達禎文、 河内功
プロデューサー: 二村慈哉
撮影: アイバン・コバック
照明: 守屋火実弥
録音: 沼田和男
美術: 村上輝彦
衣装: 野村明子
音楽: 鈴木ヤスヨシ
音楽プロデューサー: 花崎雅芳
主題歌: 金魚わかな
キャスト: 内野聖陽、 吉本実憂、 谷村美月、 葵わかな、 宇野愛海、 吉田美佳子、 堀部圭亮、 利重剛、 加藤雅也

DATE:2015/10/05 イオンシネマ大宮
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »