« 「HERO」 | トップページ | 「天空の蜂」 »

2015.09.06

「アンフェア the end」

篠原涼子主演の刑事ドラマの劇場版第3弾。
原作ファンでもあるし、ドラマ版からずっと見ているので、本作も楽しみにしていた。
まあ、細かいことを言うと、原作シリーズでは安藤はまだ生きていたりするのだよなぁ・・・・ということで映像版とは若干設定が違っていることは承知の上での観賞。

今回は映像版の完結篇ということで、雪平の父親殺しの黒幕が明らかになるという設定・・・・なのだけど、若干??な部分も・・

国家を裏で操る権力組織から機密データを手に入れることに成功した警視庁捜査一課刑事・雪平夏見は、ある人物の転落死亡現場で「アンフェアなのは誰か?」という一枚の栞を見つける。それは、10年前の「推理小説事件」から始まる一連の事件で使用されたものと同一の栞だった。さらに、事件の犯人たちを結びつけていた「×サイト」も復活していたことが判明。やがて雪平を巻き込む新たな事件が発生するが、雪平は亡き父が目指した警察内部の浄化を成し遂げるため奔走する。そんな中、東京地検特捜部の村上克明検事とその父で元検事総長の村上成明が相次いで殺害される事件が起きる。容疑者としてシステムエンジニアの津島直紀が逮捕されるが、取調官に雪平を指名し、自分は司法の不正を暴こうとしたために犯人に仕立て上げられてしまったと訴える。

島津は雪平に協力を求めるが、実は・・・という設定で「アンフェアなのは誰か」だった。
まあ、見ていて予測出来ない設定ではなかったけど、雪平が撃たれているのに・・・という部分は、う~~ん、もうちょっとなんとかならなかったのかなぁ・・という印象。

ちなみに、原作シリーズの最新版の雪平も左肩を撃たれていて、左手が使えないという設定になっていたりする。



Img178

監督: 佐藤嗣麻子
原作: 秦建日子
脚本: 佐藤嗣麻子
製作: 横澤良雄、 石原隆、 瀧藤雅朝、 市川南、 港浩一
エグゼクティブプロデューサー: 臼井裕詞
プロデューサー: 豊福陽子、 梶本圭、 稲田秀樹
アソシエイトプロデューサー: 吉條英希、 小川英洋
ラインプロデューサー: 森太郎
撮影: 佐光朗
照明: 加瀬弘行
美術: 佐久嶋依里
録音: 阿部茂
編集: 穗垣順之助
音響効果: 柴崎憲治
音楽: 住友紀人
主題歌: 三代目 J Soul Brothers
VFXスーパーバイザー: 石井教雄
スクリプター: 巻口恵美
装飾: 岩間洋
監督補: 山本透
助監督: 佐野友秀
製作担当: 樫崎秀明
キャスト: 篠原涼子、 永山絢斗、 阿部サダヲ、 加藤雅也、 向井地美音、 吉田鋼太郎、 AKIRA、
寺島進、 佐藤浩市

DATE:2015/09/06 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

|

« 「HERO」 | トップページ | 「天空の蜂」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/62229637

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンフェア the end」:

« 「HERO」 | トップページ | 「天空の蜂」 »