« 「アンフェア the end」 | トップページ | 「罪の余白」 »

2015.09.12

「天空の蜂」

東野圭吾の原作で、主演は江口洋介。原作の発表が1995年ということで、時代背景も95年の阪神の震災後になっている。原作は未読。

 1995年8月8日。その日、完成した最新鋭超巨大ヘリ“ビッグB”の自衛隊への引き渡しの日を迎え、開発者のヘリコプター設計士・湯原(江口)は妻子とともに式典に参加していた。すると突然、ビッグBが勝手に動き出し、息子の高彦を乗せたまま福井県にある原子力発電所“新陽”の真上でホバリングを始めた。ビッグBは、“天空の蜂”と名乗るテロリストによって遠隔操作でハイジャックされてしまったのだ。犯人は政府に対し“日本全土の原発破棄”を要求し、従わなければ、大量の爆発物を搭載したビッグBを原子炉に墜落させると宣言する。

まずは紛れ込んだ息子の救出を犯人側と交渉すると、すべての原発の停止を要求され、これを飲む政府側・・・が、これにも裏が・・・
とりあえず救出する場面が、一つ目の山場・・・で、救出が成功すると次は犯人探しと、ヘリの落下阻止。

この原作の背景には、原発の是非や、親子の関係とかが含まれており、更に、政府側が全原発の停止を受け入れると原発不要論につながるのではないかという危惧があった。
しかも、ヘリを落下させようとしたのは、高速増殖炉の実証炉・・・
このあたりも原作の深い意図を感じさせる。

で、ラストのシーンでは原作には無いそうだが、東日本の震災後に自衛隊のヘリを操縦して被災者の救出にあたっている息子・高彦のシーンが・・・
結果的には、この震災後には、原発稼働0の期間が約2年続いていたわけなので、話題的にはタイムリーだなぁ・・・っと思った次第。

しかし、個人的には作品としては若干イマイチな部分が目についてしまって残念だった。



Img179

監督: 堤幸彦
原作: 東野圭吾
脚本: 楠野一郎
撮影: 唐沢悟
照明: 木村匡博
美術: 相馬直樹
録音: 田中靖志
編集: 伊藤伸行
音楽: リチャード・プリン
音楽プロデューサー: 茂木英興
主題歌: 秦基博
VFXスーパーバイザー: 野崎宏二
キャスト: 江口洋介、 本木雅弘、 仲間由紀恵、 綾野剛、 柄本明、 國村隼、 石橋蓮司、 竹中直人、 向井理、 佐藤二朗、 光石研、 落合モトキ、 やべきょうすけ、 手塚とおる、 永瀬匡、 石橋けい、 松島花、 カゴシマジロー、 前川泰之、 松田悟志、 森岡豊

DATE:2015/09/12 イオンシネマ浦和美園
評価:★★☆

|

« 「アンフェア the end」 | トップページ | 「罪の余白」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/62267093

この記事へのトラックバック一覧です: 「天空の蜂」:

« 「アンフェア the end」 | トップページ | 「罪の余白」 »