« 「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」 | トップページ | 「HERO」 »

2015.08.12

「ジュラシック・ワールド」

ジュラシック・パークシリーズの第4弾。
このシリーズは、恐竜が目立つせいかあまり人間の出演者の記憶が無いなぁ・・

で、今回のワールドはかつてのパークの跡地を買収し引き受けて開設され、けっこう繁盛しているという設定。
コスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、かつて多くの犠牲者を出した“ジュラシック・パーク”に変わる新たな恐竜テーマ・パーク“ジュラシック・ワールド”がオープンし、連日多くの観光客でにぎわっていた。この日は、パークの監督官クレアの甥で16歳のザックと11歳のグレイの兄弟が来園していた。しかし多忙なクレアは兄弟に割ける時間などなく、彼らの相手を部下に任せることに。

ただ、マンネリ化で来場者数を気にする経営側は、新たなる目玉として遺伝子組み換えによるハイブリット種を作り上げることに成功し、新たな目玉アトラクションとして準備中だった。動物行動学の専門家オーウェンは、そんなパークの経営方針に警鐘を鳴らすのだったが…。

ということで、主役はインドミナス・レックスの暴走。そしてラブトル軍団の死闘。
ご都合主義的にインドミナスにはT・レックスをベースにラプトルの遺伝子も組み込まれているとかいう設定でラプトルとコンタクト出来てしまったりする。

そんなご都合主義てんこ盛りで、最後はインドミナスvsT・レックスの戦いになりそこにCMでお馴染みのモササウルス(水の中からサメをがばっと食いつくやつ)ががばっと・・・
クレアとオーウェンと二人の甥っ子が無事で良かったよかったちゃんちゃん・・というエンタテイメント作品でした。



Img176

監督: コリン・トレボロウ
製作: フランク・マーシャル、 パトリック・クローリー
製作総指揮: スティーブン・スピルバーグ、 トーマス・タル
キャラクター創造: マイケル・クライトン
原案: リック・ジャッファ、 アマンダ・シルバー
脚本: リック・ジャッファ、 アマンダ・シルバー、 デレク・コノリー、 コリン・トレボロウ
撮影: ジョン・シュワルツマン
美術: エドワード・バリュー
衣装: ダニエル・オーランディ
編集: ケビン・スティット
音楽: マイケル・ジアッキノ
テーマ曲: ジョン・ウィリアムズ
キャスト: クリス・プラット、 ブライス・ダラス・ハワード、 ビンセント・ドノフリオ、 タイ・シンプキンス、 ニック・ロビンソン、 ジェイク・ジョンソン、 オマール・シー、 B・D・ウォン、 ジュディ・グリア、 イルファン・カーン、 ローレン・ラプカス、 ブライアン・ティー、 ケイティ・マクグラス、 アンディ・バックリー、 ジミー・ファロン

DATE:2015/08/12 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

|

« 「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」 | トップページ | 「HERO」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/62068639

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジュラシック・ワールド」:

« 「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」 | トップページ | 「HERO」 »