« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2015.08.27

「HERO」

木村拓也主演のTVシリーズ・シーズン2の劇場版。
シーズン2はTV放送を見ていなかったので、当初は見る予定はなかったのだけど、フジTVの策略にはまってしまい、シーズン2の再放送を見てしまったので、結局みることにしてしまった・・・・

ある日、ネウストリア大使館の裏通りで、パーティコンパニオンの女性が車にはねられ死亡した。さっそく事務次官の麻木千佳とともに運転手の取り調べを開始した久利生公平検事の前に、かつての久利生の事務次官で、今は大阪地検灘支部の検事として活躍する雨宮舞子が現われる。今回の被害女性は、雨宮の調べていた広域暴力団絡みの事件の重要な証人だったのだ。今回の交通事故には裏があると感じた久利生と雨宮は、合同捜査をすることに。すると、昔と変わらない久利生のマイペースぶりを目の当たりにして呆れる雨宮。そんな中、ネウストリア大使館の関係者に話を聞こうとした2人だったが、“治外法権”の前にあっさりと門前払いをくらうハメに。さらに、外交問題への発展を心配する外務省からも釘を刺され、捜査が暗礁に乗り上げてしまう久利生だったが…。

ということで、シーズン1から8年ぶりの登場になる雨宮もいい感じで登場していたし、なんとなくシーズン3への布石だったり、雨宮と麻木との関係も意味深な感じで終了。

エンドロールにはシーズン1にしか出ていなかった面々も過去のシーンで挿入あsれていて懐かしかった。
まあ、エンタテイメント作品としては良作だったかな・・



Img177

監督: 鈴木雅之
脚本: 福田靖
製作: 石原隆、 飯島三智、 市川南
企画: 前田久閑、 鈴木吉弘
プロデューサー: 渡辺恒也、 和田倉和利
アソシエイトプロデューサー: 大澤恵、 梶本圭
ラインプロデューサー: 森賢正
撮影: 蔦井孝洋
照明: 疋田ヨシタケ
美術: 荒川淳彦
録音: 武進
装飾: 野本隆行
VFXスーパーバイザー: 小坂一順
編集: 田口拓也
選曲: 藤村義孝
音響効果: 壁谷貴弘
音楽: 服部隆之
スクリプター: 戸国歩
助監督: 足立公良
制作担当: 鍋島章浩
キャスト: 木村拓哉、 北川景子、 松たか子、 佐藤浩市、 杉本哲太、 濱田岳、 正名僕蔵、 吉田羊、 田中要次、 勝矢、 松重豊、 八嶋智人、 小日向文世、 角野卓造、 大倉孝二、 ジェームズ・C・バーンズ、 森カンナ、 児嶋一哉、 新井浩文、 イッセー尾形

DATE:2015/08/27 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.12

「ジュラシック・ワールド」

ジュラシック・パークシリーズの第4弾。
このシリーズは、恐竜が目立つせいかあまり人間の出演者の記憶が無いなぁ・・

で、今回のワールドはかつてのパークの跡地を買収し引き受けて開設され、けっこう繁盛しているという設定。
コスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、かつて多くの犠牲者を出した“ジュラシック・パーク”に変わる新たな恐竜テーマ・パーク“ジュラシック・ワールド”がオープンし、連日多くの観光客でにぎわっていた。この日は、パークの監督官クレアの甥で16歳のザックと11歳のグレイの兄弟が来園していた。しかし多忙なクレアは兄弟に割ける時間などなく、彼らの相手を部下に任せることに。

ただ、マンネリ化で来場者数を気にする経営側は、新たなる目玉として遺伝子組み換えによるハイブリット種を作り上げることに成功し、新たな目玉アトラクションとして準備中だった。動物行動学の専門家オーウェンは、そんなパークの経営方針に警鐘を鳴らすのだったが…。

ということで、主役はインドミナス・レックスの暴走。そしてラブトル軍団の死闘。
ご都合主義的にインドミナスにはT・レックスをベースにラプトルの遺伝子も組み込まれているとかいう設定でラプトルとコンタクト出来てしまったりする。

そんなご都合主義てんこ盛りで、最後はインドミナスvsT・レックスの戦いになりそこにCMでお馴染みのモササウルス(水の中からサメをがばっと食いつくやつ)ががばっと・・・
クレアとオーウェンと二人の甥っ子が無事で良かったよかったちゃんちゃん・・というエンタテイメント作品でした。



Img176

監督: コリン・トレボロウ
製作: フランク・マーシャル、 パトリック・クローリー
製作総指揮: スティーブン・スピルバーグ、 トーマス・タル
キャラクター創造: マイケル・クライトン
原案: リック・ジャッファ、 アマンダ・シルバー
脚本: リック・ジャッファ、 アマンダ・シルバー、 デレク・コノリー、 コリン・トレボロウ
撮影: ジョン・シュワルツマン
美術: エドワード・バリュー
衣装: ダニエル・オーランディ
編集: ケビン・スティット
音楽: マイケル・ジアッキノ
テーマ曲: ジョン・ウィリアムズ
キャスト: クリス・プラット、 ブライス・ダラス・ハワード、 ビンセント・ドノフリオ、 タイ・シンプキンス、 ニック・ロビンソン、 ジェイク・ジョンソン、 オマール・シー、 B・D・ウォン、 ジュディ・グリア、 イルファン・カーン、 ローレン・ラプカス、 ブライアン・ティー、 ケイティ・マクグラス、 アンディ・バックリー、 ジミー・ファロン

DATE:2015/08/12 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.08

「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」

トム・クルーズ主演のお馴染みのシリーズ第5弾。

イーサン・ハントと彼のチーム“IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって結成され、国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた。しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが…。

予告CMでお馴染みの離陸する輸送機につかまるシーンは本題のアクションではなく、導入部のミッションだったというのが肩透かしだった。
ただ、使用していた輸送機はなんと最新鋭のエアバスA400Mだったというのがちょっと驚きだった・・・

他にもアクションシーンは流石といえるテンポの良さで、ノーヘルバイクシーンとか謎の水中アクションとか、まあ楽しめた。
そして、ラストのシーンのあのトラップ・・・まあ、見せてくれます。

エンタテイメント作品としては良作でした。



Img175

監督: クリストファー・マッカリー
製作: トム・クルーズ、 J・J・エイブラムス、 ブライアン・バーク、 デビッド・エリソン、 ダナ・ゴールド、バーグ、 ドン・グレンジャー
製作総指揮: ジェイク・マイヤーズ
原作: ブルース・ゲラー
原案: クリストファー・マッカリー、 リュー・ピアース
脚本: クリストファー・マッカリー
撮影: ロバート・エルスウィット
美術: ジム・ビゼル
衣装: ジョアンナ・ジョンストン
編集: エディ・ハミルトン
音楽: ジョー・クレイマー
テーマ曲: ラロ・シフリン
キャスト: トム・クルーズ、 ジェレミー・レナー、 サイモン・ペッグ、 レベッカ・ファーガソン、 ビング・レイムス、 ショーン・ハリス、 アレック・ボールドウィン、 サイモン・マクバーニー、 トム・ホランダー、 イエンス・フルテン

DATE:2015/08/08 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »