« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015.01.17

「ジャッジ 裁かれる判事」

ロバート・ダウニー・Jrとロバート・デュヴァルが父子役で初共演を果たした法廷ドラマ。地元で長年尊敬されてきた判事にして殺人の容疑者となった父と、その弁護を引き受けることになった絶縁状態の息子が、互いに確執と葛藤を抱えながら裁判に臨むさまを描く。

母親の葬儀の為に帰郷したヤリ手弁護士のハンク・パーマー。地元で長年判事を務め、人々の尊敬を集める父ジョセフとは折り合いが悪く、現在はほとんど絶縁状態。
早めに引き返そうとしたところ、父親が自動車事故を起こしたとの連絡が。
しかも殺人の疑いまでかけられた。
ハンクが弁護人を務めることに。正義の人である父が殺人を犯すはずがないと信じるハンクだったが、調査が進むにつれて疑わしき証拠が次々と浮上する。

リーガル・サスペンスというよりは、父と子のファミリードラマと言った方が良いかもしれない。
事件そのものの結末はともかく、ラストシーンでの父子の結末はなかなか良い出来だとおもった。
派手さは無いが、なかなかの良作との印象。



Img160

監督: デビッド・ドブキン
製作: スーザン・ダウニー、 デビッド・ドブキン、 デビッド・ガンビーノ
製作総指揮: ハーバート・W・ゲインズ、 ロバート・ダウニー・Jr.、 ジェフ・クリーマン、 ブルース・バーマン
原案: デビッド・ドブキン、 ニック・シェンク
脚本: ニック・シェンク、 ビル・ドゥビューク
撮影: ヤヌス・カミンスキー
美術: マーク・リッカー
編集: マーク・リボルシー
音楽: トーマス・ニューマン
キャスト: ロバート・ダウニー・Jr.、 ロバート・デュバル、 ベラ・ファーミガ、 ビンセント・ドノフリオ、 ジェレミー・ストロング、 ダックス・シェパード、 ビリー・ボブ・ソーントン

DATE:2015/01/17 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015.01.10

「ST赤と白の捜査ファイル」

今野敏原作のSTシリーズの映画化作品。
TVスペシャルで映像化されたあと連続ドラマ化、そして連ドラから続く本作となる。
原作のファンなので、原作は既読だが、原作には無い設定があってそれなりに楽しめる。
藤原竜也が演じるSTリーダーで対人恐怖症の天才分析官・赤城左門、岡田将生が扮するお人好しのキャリア警部・百合根友久ら、個性的なSTメンバーが難事件に挑む。ある日、囚人の脱獄を仕組んだ天才ハッカー・鏑木徹が焼死体で発見される事件が発生。赤城が容疑者として逮捕され、STは解散となってしまう。

赤城は拘置所から脱走し、警察は元STメンバーに追跡を命じるが、赤城の無実を信じる百合根は、独自の捜査で新種のコンピューターウィルス「フギン」が事件の鍵を握っていることに気付く。

ユースケ・サンタマリアが鏑木を、鏑木の元妻を 安達祐実、娘の椿を子役の鈴木梨央が演じている。
鈴木梨央はなかなか良いかもしれない。

記憶では本作の筋はオリジナルのように思えるが(記憶違いかも)、それなりに良く出来ていたと思う。
で、今後はTV連ドラにしろ劇場版にしろ、この設定での続きがあるのかが楽しみではある。



Img159

監督: 佐藤東弥
原作」 今野敏
脚本: 渡辺雄介
製作: 中山良夫、 福田博之、 堀義貴、 市川南、 細野義朗、 鈴木伸育、 薮下維也、 柏木登、 桜井徹哉
ゼネラルプロデューサー: 奥田誠治
エグゼクティブプロデューサー: 神蔵克、 伊藤響、 門屋大輔
プロデューサー: 森雅弘、 藤村直人、 星野恵
ラインプロデューサー: 飯塚信弘、 高橋政彦
撮影: 小原崇資
照明: 名取孝昌
美術: 小池寛、 樫山智恵子
編集: 松竹利郎
VFX: 田中貴志
音楽プロデューサー: 志田博英
主題歌: ファンキー加藤
助監督: 田部井稔
制作担当: 日比崇裕
記録: 山縣有希子
キャスト: 藤原竜也、 岡田将生、 志田未来、 芦名星、 窪田正孝、 三宅弘城、 柴本幸、 水上剣星、 ユースケ・サンタマリア、 安達祐実、 鈴木梨央、 田中哲司、 林遣都、 瀬戸朝香、 渡部篤郎

DATE:2015/01/10 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「96時間 レクイエム」

リーアム・ニーソンが悪の組織から家族を守る「96時間」のシリーズ第3作。
今回もリーアム父さんが頑張っちゃいます。
で、本作で最終作・・??なのか。

愛する家族の命を狙う犯罪組織を壊滅させた元CIA工作員ブライアンは、幸せな暮らしを取りもどそうとした矢先、元妻レノーアを何者かに殺されてしまう。元妻殺しの容疑者として警察からも追われる身となったブライアンは、娘キムを守るため、そして真実を暴いて復讐を果たすため、並はずれた肉体と頭脳を駆使して黒幕探しに奔走する。

1作目ではフランスで娘が拉致され、2作目では元妻と本人が1作目の復讐の為拉致、そして本作では、ついに元妻が殺されて容疑者に仕立てられてします。
相変わらず強引なアクションやご都合主義の部分も多々ありますが、テンポも良くあっという間に観てしまいました。

そして、本当の犯人は・・・・そうくるかぁ・・・とは言え、なんとなく予想していた展開でした。

刑事のドッツラー役のフォレスト・ウィテカー・・・クリミナル・マインド レッドセルでもいい役やってたなぁ・・・っと好感。



Img158

監督: オリビエ・メガトン
製作: リュック・ベッソン
脚本: リュック・ベッソン、 ロバート・マーク・ケイメン
撮影: エリック・クレス
美術: セバスティアン・イニザン
衣装: オリビエ・ベリオ
編集: オドレイ・シモノー、 ニコラ・トレンバジウィック
音楽: ナサニエル・メカリー
キャスト: リーアム・ニーソン、 フォレスト・ウィテカー、 ファムケ・ヤンセン、 マギー・グレイス、 ダグレイ・スコット、 サム・スプルエル、 リーランド・オーサー、 ジョン・グライス、 アンドリュー・ハワード、 ディラン・ブルーノ、 アンドリュー・ボルバ

DATE:2015/01/10 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »