« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.06

「フライト・ゲーム」

リーアム・ニーソン主演の航空サスペンス。

 一般の乗客を装い旅客機の警備に当たる航空保安官のビル・マークス。酒が手放せず、決して品行方正とは言えない彼が今回乗り込むのは、NY発ロンドン行きの便。大西洋の上空を飛行中の真夜中、機内ではほとんどの乗客が寝静まっていた。その時、ビルの携帯に不審なメールが届く。明らかにビルの行動を監視していると思われる正体不明の送信者は“指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す”とビルを脅迫。やがて思いもよらぬ形で1人目の犠牲者が出てしまう。
そんな中、犯人の指定する口座がビルの名義と判明、地上の保安局ではビルこそが容疑者の筆頭と考え始める。孤立無援の中、それでも見えない犯人の尻尾を掴もうと懸命に捜査を続けるビルだったが…2人目・3人目の犠牲者が出てしまう。

ぎりぎりのおころで犯人が判明したが、仕掛けられた爆弾によって飛行機は大破するものの、ビルの判断と副操縦士の的確な操縦によって、大きな犠牲なく地上へおりることは成功。

いろいろな部分で??な突っ込みところはあるものの、テンポ良く見られたのでヨシでしょう。



Img152

監督: ジャウム・コレット=セラ
製作: ジョエル・シルバー、 アンドリュー・ローナ、 アレックス・ハインマン
製作総指揮: スティーブ・リチャーズ、 ロン・ハルパーン、 オリビエ・クールソン、 ハーバート・W・ゲインズ、 ジェフ・ワドロウ
原案: ジョン・W・リチャードソン、 クリス・ローチ
脚本: ジョン・W・リチャードソン、 クリス・ローチ、 ライアン・イングル
撮影: フラビオ・ラビアーノ
美術: アレクサンダー・ハモンド
衣装: キャサリン・マリー・トーマス
編集: ジム・メイ
音楽: ジョン・オットマン
キャスト: リーアム・ニーソン、 ジュリアン・ムーア、 スクート・マクネイリー、 ミシェル・ドッカリー、 ネイト・パーカー、 ジェイソン・バトラー・ハーナー、 アンソン・マウント、 コリー・ストール、 ルピタ・ニョンゴ、 オマー・メトワリー、 ライナス・ローチ、 シェー・ウィガム

DATE:2014/09/06 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.03

「ルパン三世」

お馴染みモンキーパンチ原作のアニメ「ルパン三世」を実写化した作品。
キャストに興味があったので、鑑賞。

お話は、所有する者は世界を統べると言われる秘宝「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」を盗み出すため、鉄壁のセキュリティを誇る要塞「ナヴァロンの箱舟」に挑むルパンと仲間たちの姿を描く。

で、肝心のキャストですが、ルパンの小栗旬はまあまあかな・・・黒木メイサの不二子ちゃんは、微妙・・・いいとこと不満なとこと・・次元・玉山はヨシかな、五エ門はちょっと不満。銭形のとっつあんは良いんじゃないのかなぁ・・・というところ。

話の中身は突っ込みところはあるものの、まあテンポも悪く無かったのでヨシとしましょ。



Img151

監督: 北村龍平
プロデューサー: 山本又一朗
原作: モンキー・パンチ
脚本: 水島力也
企画: 池田宏之、 濱名一哉
企画協力: 加藤州平
共同プロデューサー: 佐谷秀美、 岡田有正、 片山宣
ユニットプロデューサー: 鳥澤晋
助監督: 神保英昭
撮影監督: ペドロ・J・マルケス
撮影: 古谷巧
照明: 和田雄二
美術: 丸尾知行
録音: 久連石由文
編集: 掛須秀一
音響効果: 柴崎憲治
音楽: アルド・シュラク
音楽プロデューサー: 古川ヒロシ
メインテーマ: 布袋寅泰
ラインプロデューサー: 橋本淳司
タイユニットプロデューサー: 石川達也
記録: 新玉和子
装飾: 藤田徹
制作担当: 児嶋冬樹
コスチュームデザイン: 中里唯馬
衣装: 清藤美香
ヘアメイク: CHIKA
キャスティングディレクター: 富田敏家
協力プロデューサー: 楠本直樹
アシスタントプロデューサー: グリーン健司クリス
VFXスーパーバイザー: ソン・スンヒョン
VFX協力: 大萩真司
アクション監督: シム・ジェウォン、 ヤン・キリョン、 カウィー・シリカクン
ポストプロダクションプロデューサー: 篠田学
キャスト: 小栗旬、 玉山鉄二、 綾野剛、 黒木メイサ、 浅野忠信、 ジェリー・イェン、 ビタヤ・パンスリンガム、 ラター・ポーガーム、 タナーヨング・ウォンタクーン、 キム・ジュン、 ニルット・シリジャンヤー、 ニック・テイト、 山口祥行、 中山由香、 吉野和剛

DATE:2014/09/03 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »