« 「神様のカルテ2」 | トップページ | 「相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」 »

2014.04.11

「ウォルト・ディズニーの約束」

1961年、ロサンジェルス。ハリウッドを代表する大物映画プロデューサー、ウォルト・ディズニーには、娘との約束でもある20年来の悲願があった。それは、彼女の愛読書『メリー・ポピンズ』を映画化するというもの。しかしウォルトの再三の懇願にもかかわらず、いまだ原作者のP・L・トラヴァースから許可を得られずにいた。そんな中、ようやく映画化についての話し合いが実現することになり、トラヴァースがロンドンからやって来る。

しかしながらトラヴァースは映画の製作者たちが提案する脚本のアイデアをアニメもミュージカルも拒否。頑なな彼女にすっかり手を焼き、一向に了解を取り付けられないウォルトだったが…。
これには、彼女の幼少期にある家族の思いが込められて居た物語だったのだ。
そこに気がついたウォルトは、トラバーズとある約束をし、作品を完成させるのだった。

メリー・ポピンズ自体は過去に見た記憶はあるけど、そこにこんな逸話があったとは全く知らなかった。
ちょっと前に公開されたヒッチコックと並べられる良作だと思う。



Img141

監督: ジョン・リー・ハンコック
製作: アリソン・オーウェン、 イアン・コーリー、 フィリップ・ステュアー
製作総指揮: ポール・トライビッツ、 クリスティーン・ランガン、 アンドリュー・メイソン
脚本: ケリー・マーセル、 スー・スミス
撮影: ジョン・シュワルツマン
美術: マイケル・コレンブリス
衣装: ダニエル・オーランディ
編集: マーク・リボルシー
音楽: トーマス・ニューマン
音楽監修: マット・サリバン
キャスト: トム・ハンクス、 エマ・トンプソン、 ポール・ジアマッティ、 ジェイソン・シュワルツマン、 ブラッドリー・ウィットフォード、 ルース・ウィルソン、 B・J・ノバク、 レイチェル・グリフィス、 キャシー・ベイカー、 メラニー・パクソン、 アニー・ローズ・バックリー、 コリン・ファレル

DATE:2014/04/11 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★☆

|

« 「神様のカルテ2」 | トップページ | 「相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/59450639

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォルト・ディズニーの約束」:

« 「神様のカルテ2」 | トップページ | 「相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」 »