« 「ラッシュ プライドと友情」 | トップページ | 「ロボコップ」 »

2014.03.01

「エージェント:ライアン」

「レッド・オクトーバーを追え!」「パトリオット・ゲーム」「今そこにある危機」「トータル・フィアーズ」でお馴染みのトム・クランシー原作の“ジャック・ライアン”シリーズのスパイ・アクション作品。
本作では分析官ジャックがエージェントになる経緯などを中心に描かれている。
時代設定も911のテロをうまく取り込んだ形に設定されていて、まあうまく纏めたかなっという印象。

前半はちょっとテンポがあまり良くなくちょっとダレた印象を受けたが、後半の婚約者キャシーが巻き込まれるあたりかたテンポアップして、うまく纏めたという印象。
まあ、お馴染みのご都合主義的な部分も無いではなかったが、全体的にはアクション物としては良かったのではないかな。



Img135

監督: ケネス・ブラナー
製作: ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、 メイス・ニューフェルド、 デビッド・バロン、 マーク・バーラディアン
製作総指揮: デビッド・エリソン、 ダナ・ゴールドバーグ、 ポール・シュウェイク
キャラクター創造: トム・クランシー
脚本: アダム・コザド、 デビッド・コープ
撮影: ハリス・ザンバーラウコス
美術: アンドリュー・ロウズ
衣装: ジル・テイラー
編集: マーティン・ウォルシュ
音楽: パトリック・ドイル
キャスト: クリス・パイン、 キーラ・ナイトレイ、 ケビン・コスナー、 ケネス・ブラナー

DATE:2014/03/01 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

|

« 「ラッシュ プライドと友情」 | トップページ | 「ロボコップ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/59218810

この記事へのトラックバック一覧です: 「エージェント:ライアン」:

« 「ラッシュ プライドと友情」 | トップページ | 「ロボコップ」 »