« 「大脱出」 | トップページ | 「ラッシュ プライドと友情」 »

2014.01.29

「東京難民」

福澤徹三の原作を元に、仲の悪い父親からの仕送りを当てにしてノホホンと大学生活を送っていた主人公の修が、父親が失踪し仕送りがなくなり、アパートの最近はやりの賃貸借契約ではなく、鍵の使用契約だといわれ追いだされ、ネカフェ難民でバイト暮らしとなる。
そこからホスト暮らし、土工のバイト・そしてホームレス生活までに転落するまでを描いている。

まあ、格差社会と言えばその通りなのだけど、この学生修は頭を使っていないこと夥しい。
なんで、仲の悪い父親からの仕送りがいつまでもあると思えるのだろうねぇ・・・
少しは自分で物を考えていないと、成る可くしてなったとしか言えないなぁ・・
まあ、これは原作のせいかもしれないけど。
ちなみに2012年のVISAの調査だと、授業料等を全額親がかりなのは日本が73%、アメリカだと29%なんだそうな・・・奨学金とか学生ローンとか勿論バイトとか、すこしはThinkしないとねぇ・・・

それよりも回りの人々の方、ネカフェのバイト仲間だったり、土工の先輩だったりダンボールハウスの大先輩(これが井上順だったとは・・)とかの方が良く描かれていたなぁ・・

ちょっと残念な評価です。




Img133

監督: 佐々部清
製作・プロデュース: 森山敦
プロデューサー: 臼井正明
原作: 福澤徹三
脚本: 青島武
撮影: 坂江正明
照明: 守利賢一
録音: 福田伸
美術: 若松孝市、 小林久之
音楽: 遠藤浩二
主題歌: 高橋優
キャスト: 中村蒼、大塚千弘、青柳翔、山本美月、中尾明慶、金井勇太、落合モトキ、 田村三郎、 岡村洋一、 大谷ノブ、 吹越満、福士誠治、津田寛治、 小市慢太郎、 金子ノブアキ、 井上順

DATE:2014/01/28 一ツ橋ホール(試写会)
評価:★★☆

|

« 「大脱出」 | トップページ | 「ラッシュ プライドと友情」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/59029712

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京難民」:

« 「大脱出」 | トップページ | 「ラッシュ プライドと友情」 »