« 「キャプテン・フィリップス」 | トップページ | 「武士の献立」 »

2013.12.16

「ゼロ・グラビティ」

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空間を舞台に贈るSFサスペンス。

スペースシャトルで船外活動中に予期せぬ事故で宇宙空間へ放り出され、救助も期待できない絶望的状況で漂い続ける2人の宇宙飛行士の運命を、無重力の世界を圧倒的な臨場感で再現した3D映像でスリリングに描く。出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニーというほぼ2人だけと言って良い作品。

 地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル。今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士は、ベテラン宇宙飛行士コワルスキーのサポートを受けながら船外での修理作業に当たっていた。その時、ロシアが自国の衛星を爆破したことが原因で大量の破片が軌道上に散乱し、猛烈なスピードでスペースシャトルを襲う。衝撃で漆黒の宇宙へと放り出された2人は互いを繋ぐ1本のロープを頼りに、絶望的な状況の中、奇跡の帰還を信じて決死のサバイバルを繰り広げるが…。

筋は、マットともはぐれてしまって、一人になったライアンが地上へ戻るまでのサバイバルを描いている。

まずはISSは辿り着き、残っていたソユーズで脱出しようとするが大破と燃料切れで地上へは戻れない。次に中国のステーションまで辿り着き、そこに残っていたソユーズ互換?の宇宙船でなんとか脱出という話。

ほぼサンドラ・ブルックの一人芝居になっているが、それでも宇宙空間のシーンであるとか、宇宙船内の無重力状態の表現とかいろいろ感心させられる箇所多々。
まあ??に思えるところも無いわけではないが、ヨシとしましょ。

本作は吹き替え3Dで観たが、できれば3Dの鑑賞の方が良いかも。
吹き替えはどうかなぁ・・・??



Img130

監督: アルフォンソ・キュアロン
製作: アルフォンソ・キュアロン、 デビッド・ハイマン
製作総指揮: クリス・デファリア、 ニッキ・ペニー、 スティーブン・ジョーンズ
脚本: アルフォンソ・キュアロン、 ホナス・キュアロン
撮影: エマニュエル・ルベツキ
美術: アンディ・ニコルソン
衣装: ジャイニー・ティーマイム
編集: アルフォンソ・キュアロン、 マーク・サンガー
音楽: スティーブン・プライス
キャスト: サンドラ・ブロック、 ジョージ・クルーニー

DATE:2013/12/15 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

|

« 「キャプテン・フィリップス」 | トップページ | 「武士の献立」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/58764504

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼロ・グラビティ」:

« 「キャプテン・フィリップス」 | トップページ | 「武士の献立」 »