« 「REDリターンズ」 | トップページ | 「ゼロ・グラビティ」 »

2013.12.16

「キャプテン・フィリップス」

トム・ハンクス主演の実話をベースにした実録サスペンス。

2009年にソマリア沖で海賊の襲撃に遭い人質に取られた後、アメリカ海軍特殊部隊“SEALs”によって辛くも救出されたアメリカ船籍マースク・アラバマ号の船長リチャード・フィリップス氏の回顧録『キャプテンの責務』を映画化。

 2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号。インド洋を順調に航行していたが、ソマリア沖で4人組の海賊に襲撃される。船長のリチャード・フィリップスは、船が彼らに乗っ取られる直前、数人のクルーを残して乗組員を全員、機関室に匿う。そして彼らを救うため、自らは単身で人質となり、海賊たちと共に小さな救命艇に乗り移り、アラバマ号を後にする。やがて事件の一報を受けたアメリカ政府は、海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動させ、フィリップス船長の救出作戦を開始する。

実話をベースにしているとはいえ、さすがトム・ハンクスという演技。
しかしながら海賊役を演じたバーカッド・アブディにも注目してしまった。
どういう役者が、こういう役をやるのだろうと思ったら、ソマリア出身で14歳の時に家族と共に米国に移住して本作がデビュー作なのだそうだ。
少々長めの尺も気にならずに一気に見られた・・・良作です。



Img129

監督: ポール・グリーングラス
製作: スコット・ルーディン、 デイナ・ブルネッティ、 マイケル・デ・ルカ
製作総指揮: グレゴリー・グッドマン、 イーライ・ブッシュ、 ケビン・スペイシー
原作: リチャード・フィリップス、 ステファン・タルティ
脚本: ビリー・レイ
撮影: バリー・アクロイド
美術: ポール・カービイ
衣装: マーク・ブリッジス
編集: クリストファー・ラウズ
音楽: ヘンリー・ジャックマン
キャスト: トム・ハンクス、 キャサリン・キーナー、 バーカッド・アブディ、 バーカッド・アブディラマン、 ファイサル・アメッド、 マハト・M・アリ、 マイケル・チャーナス、 コーリイ・ジョンソン、 マックス・マーティーニ、 クリス・マルケイ、 ユル・バスケス、 デビッド・ウォーショフスキー

DATE:2013/12/15 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★☆

|

« 「REDリターンズ」 | トップページ | 「ゼロ・グラビティ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/58764490

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャプテン・フィリップス」:

« 「REDリターンズ」 | トップページ | 「ゼロ・グラビティ」 »