« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.16

「ゼロ・グラビティ」

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空間を舞台に贈るSFサスペンス。

スペースシャトルで船外活動中に予期せぬ事故で宇宙空間へ放り出され、救助も期待できない絶望的状況で漂い続ける2人の宇宙飛行士の運命を、無重力の世界を圧倒的な臨場感で再現した3D映像でスリリングに描く。出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニーというほぼ2人だけと言って良い作品。

 地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル。今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士は、ベテラン宇宙飛行士コワルスキーのサポートを受けながら船外での修理作業に当たっていた。その時、ロシアが自国の衛星を爆破したことが原因で大量の破片が軌道上に散乱し、猛烈なスピードでスペースシャトルを襲う。衝撃で漆黒の宇宙へと放り出された2人は互いを繋ぐ1本のロープを頼りに、絶望的な状況の中、奇跡の帰還を信じて決死のサバイバルを繰り広げるが…。

筋は、マットともはぐれてしまって、一人になったライアンが地上へ戻るまでのサバイバルを描いている。

まずはISSは辿り着き、残っていたソユーズで脱出しようとするが大破と燃料切れで地上へは戻れない。次に中国のステーションまで辿り着き、そこに残っていたソユーズ互換?の宇宙船でなんとか脱出という話。

ほぼサンドラ・ブルックの一人芝居になっているが、それでも宇宙空間のシーンであるとか、宇宙船内の無重力状態の表現とかいろいろ感心させられる箇所多々。
まあ??に思えるところも無いわけではないが、ヨシとしましょ。

本作は吹き替え3Dで観たが、できれば3Dの鑑賞の方が良いかも。
吹き替えはどうかなぁ・・・??



Img130

監督: アルフォンソ・キュアロン
製作: アルフォンソ・キュアロン、 デビッド・ハイマン
製作総指揮: クリス・デファリア、 ニッキ・ペニー、 スティーブン・ジョーンズ
脚本: アルフォンソ・キュアロン、 ホナス・キュアロン
撮影: エマニュエル・ルベツキ
美術: アンディ・ニコルソン
衣装: ジャイニー・ティーマイム
編集: アルフォンソ・キュアロン、 マーク・サンガー
音楽: スティーブン・プライス
キャスト: サンドラ・ブロック、 ジョージ・クルーニー

DATE:2013/12/15 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「キャプテン・フィリップス」

トム・ハンクス主演の実話をベースにした実録サスペンス。

2009年にソマリア沖で海賊の襲撃に遭い人質に取られた後、アメリカ海軍特殊部隊“SEALs”によって辛くも救出されたアメリカ船籍マースク・アラバマ号の船長リチャード・フィリップス氏の回顧録『キャプテンの責務』を映画化。

 2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号。インド洋を順調に航行していたが、ソマリア沖で4人組の海賊に襲撃される。船長のリチャード・フィリップスは、船が彼らに乗っ取られる直前、数人のクルーを残して乗組員を全員、機関室に匿う。そして彼らを救うため、自らは単身で人質となり、海賊たちと共に小さな救命艇に乗り移り、アラバマ号を後にする。やがて事件の一報を受けたアメリカ政府は、海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動させ、フィリップス船長の救出作戦を開始する。

実話をベースにしているとはいえ、さすがトム・ハンクスという演技。
しかしながら海賊役を演じたバーカッド・アブディにも注目してしまった。
どういう役者が、こういう役をやるのだろうと思ったら、ソマリア出身で14歳の時に家族と共に米国に移住して本作がデビュー作なのだそうだ。
少々長めの尺も気にならずに一気に見られた・・・良作です。



Img129

監督: ポール・グリーングラス
製作: スコット・ルーディン、 デイナ・ブルネッティ、 マイケル・デ・ルカ
製作総指揮: グレゴリー・グッドマン、 イーライ・ブッシュ、 ケビン・スペイシー
原作: リチャード・フィリップス、 ステファン・タルティ
脚本: ビリー・レイ
撮影: バリー・アクロイド
美術: ポール・カービイ
衣装: マーク・ブリッジス
編集: クリストファー・ラウズ
音楽: ヘンリー・ジャックマン
キャスト: トム・ハンクス、 キャサリン・キーナー、 バーカッド・アブディ、 バーカッド・アブディラマン、 ファイサル・アメッド、 マハト・M・アリ、 マイケル・チャーナス、 コーリイ・ジョンソン、 マックス・マーティーニ、 クリス・マルケイ、 ユル・バスケス、 デビッド・ウォーショフスキー

DATE:2013/12/15 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.01

「REDリターンズ」

ブルース・ウィリスはじめジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレンらベテラン俳優たちが引退したCIAの敏腕エージェントに扮して大ヒットを飛ばしたアクション・コメディ「RED/レッド」の続編。原題は「RED2」。本作ではキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンソニー・ホプキンス、イ・ビョンホンが新たに加わっている。

元CIAエージェントのフランクは、恋人サラと2人でようやく手にした平穏を満喫していた。そんなある日、元相棒のマーヴィンが現われ、フランクを新たなミッションに誘う。これを断固拒否するフランクだったが、思わぬトラブルに巻き込まれ、結局スパイの最前線に舞い戻るハメに。32年前、フランクとマーヴィンは、米ソ冷戦下のモスクワで小型核爆弾製造に関する極秘プロジェクトに関わった過去があった。そして今、その極秘計画が再び動き出し、彼らは核爆弾を奪ったテロリストとの濡れ衣を着せられ、各国諜報機関から命を狙われる事態に。自分たちの汚名を晴らし、行方不明になった核爆弾を発見すべく、真相解明へと乗り出すフランクとマーヴィンだが…。

なんといってもロートル軍団の中ではヘレン・ミレンがカッコ良い!!
遠距離からの狙撃シーンと、ドリフトターン中の車からの連射!!・・

本作はハラハラドキドキもないではないが、エンタテイメントをタップリ楽しめる作品だと思う。
願わくば3も期待しちゃおうかなぁ・・・っと。



Img128

監督: ディーン・パリソット
製作: ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、 マーク・バーラディアン
製作総指揮: ジェイク・マイヤーズ、 デビッド・レディ
キャラクター創造: ウォーレン・エリス、 カリー・ハムナー
脚本: ジョン・ホーバー、 エリック・ホーバー
撮影: エンリケ・シャディアック
美術: ジム・クレイ
衣装: ベアトリス・アルナ・パーストル
編集: ドン・ジマーマン
音楽: アラン・シルベストリ
キャスト: ブルース・ウィリス、 ジョン・マルコビッチ、 メアリー=ルイーズ・パーカー、 アンソニー・ホプキンス、 ヘレン・ミレン、 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、 イ・ビョンホン、 ブライアン・コックス、 ニール・マクドノー、 デビッド・シューリス

DATE:2013/12/01 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »