« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.10

「清須会議」

三谷幸喜の監督作品で初の時代劇。
世は戦国時代、本能寺の変で織田信長が死去した後、家臣の柴田勝家と羽柴(豊臣)秀吉らが後継者を決め、日本史上初めて合議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌をオールスターキャストで描く。

豪華なキャスティングで、出演者しれじれが主役クラスと言っても過言では無いんですが、なんと言っても主役は藤吉郎の大泉洋と柴田勝家の役所広司でしょう。
そして、その二人をサポートしコントロールする小日向文世さんと寺島進も渋い・・

コメディタッチで描いているものの、かなり史実には忠実らしいです。
(私的には歴史はニガテなので、良く判りませんが。)

最初は歴史ものだということで、三谷作品がけっこう好きな私も、見る気があまりしなかったんですが、予告編を観て大泉=藤吉郎が気にいってしまったので・・・

もうちょっと笑わせてくれるかとは思ったんですが、笑いは少なかったですねぇ・・
でも、一気に見られたのでヨシとしましょう。
女優陣もかなり奮闘していたようです・・・天海さん・・・天海さんと気付かれなかったような登場でした。



Img127

監督: 三谷幸喜
製作: 亀山千広、 市川南
企画: 石原隆
プロデューサー: 前田久閑、 和田倉和利
アソシエイトプロデューサー: 清野真紀
ラインプロデューサー: 森賢正
原作: 三谷幸喜
脚本: 三谷幸喜
撮影: 山本英夫
照明: 小野晃
録音: 瀬川徹夫
美術: 種田陽平、 黒瀧きみえ
音楽: 荻野清子
編集: 上野聡一
テクニカルプロデューサー: 大屋哲男
VFXスーパーバイザー: 田中貴志
スクリプター: 山縣有希子
衣装デザイン: 黒澤和子
美術デザイン: 塩入隆史
装飾: 佐藤孝之
キャスティング: 杉野剛
助監督: 片島章三
製作担当: 斉藤大和
キャスト: 役所広司、 大泉洋、 小日向文世、佐藤浩市、 鈴木京香、 妻夫木聡、伊勢谷友介、 坂東巳之助、 剛力彩芽、 篠井英介、 中村勘九郎、浅野忠信、 寺島進、 阿南健治、 松山ケンイチ、でんでん、市川しんぺー、 浅野和之、 染谷将太、瀬戸カトリーヌ、近藤芳正、中谷美紀、戸田恵子、 梶原善、 天海祐希、 西田敏行

DATE:2013/11/09 イオンシネマ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.05

「グランド・イリュージョン」

ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウッディ・ハレルソン、メラニー・ロラン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンら豪華キャスト共演で、大金を盗み出した4人のマジシャンとFBI捜査官らの攻防を描くクライムエンタテインメント。

カリスママジシャンのアトラスをリーダーとする4人組スーパーイリュージョニストグループ「フォー・ホースメン」が、ラスベガスでショーをしながら遠く離れたパリの銀行から金を奪うというマジックを披露し、観客を驚かせる。FBI捜査官のディランとインターポールのアルマは、彼らがさらなる強盗を働く前に阻止しようとするが、フォー・ホースメンのイリュージョンを見抜くことができない。捜査陣はマジックの種を暴くことで有名なサディウスという人物に協力を依頼するが……

舞台がベガスとかパリとか華麗な印象。
スタイリッシュなクライムエンタテイメント作品として、十分に楽しめた。
まあ、最初の犯罪だけはトリックの種明かし的なものはあったが、その他は説明不要なテンポの速さ。アクション部分も十分に堪能・・・が、黒幕の正体が判明してから、っと考えるとアクション部分にいまいち疑問が出てきてしまったり・・・まあ、ヨシとしましょう。



Img126

監督: ルイ・レテリエ
製作: アレックス・カーツマン、 ロベルト・オーチー、 ボビー・コーエン
製作総指揮: ボアズ・イェーキン、 マイケル・シェイファー、 スタン・ブロドコウスキー
原案: ボアズ・イェーキン、 エドワード・リコート
脚本: エド・ソロモン、 ボアズ・イェーキン、 エドワード・リコート
撮影: ラリー・フォン、 ミッチェル・アムンドセン
美術: ピーター・ウェンハム
衣装: ジェニー・イーガン
編集: ロバート・レイトン、 バンサン・タベロン、 トム・ノーブル
音楽: ブライアン・タイラー
キャスト: ジェシー・アイゼンバーグ、 マーク・ラファロ、 ウッディ・ハレルソン、 メラニー・ロラン、 アイラ・フィッシャー、 デイブ・フランコ、 コモン、 マイケル・ケイント、 モーガン・フリーマン

DATE:2013/11/04 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2ガンズ」

デンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグの共演で放つクライム・アクション。

麻薬取締官ボビーと海軍情報部将校マーカスは、互いの正体を知らないまま、メキシコの片田舎で潜入捜査にあたっていた。2人は麻薬組織から4000万ドルを奪取するが、マーカスの上司の裏切りによって大金を奪われてしまう。ボビーとマーカスは大金を取り戻すため手を組むが、マフィアや麻薬取締局(DEA)に追い詰められていく。
実はその金はCIAの裏金だったという話が・・・
結局、2人はマフィアとDEAと海軍情報局とCIAの四つ巴から追われることになってしまう。

ばりばりのアクション作品の中に、ユーモアがちりばめられていて、クスっとする場面多々。
テンポも良かったし、最後はまあまあの終わり方だったので、エンタテイメント作品としては良作なのではと、私的には好感触でした。



Img125

監督: バルタザール・コルマウクル
製作: マーク・プラット、ランドール・エメット、ノートン・ヘリック、アダム・シーゲル、ジョージ・ファーラ、ロス・リッチー、アンドリュー・コスビー
製作総指揮: ブラント・アンダーセン、 ジェフリー・ストット、 マーク・ダモン
原作: スティーブン・グラント
脚本: ブレイク・マスターズ
撮影: オリバー・ウッド
美術: ベス・マイクル
衣装: ローラ・ジーン・シャノン
編集: マイケル・トロニック
音楽: クリントン・ショーター
キャスト: デンゼル・ワシント、 マーク・ウォールバーグ、ポーラ・パットン、 ビル・パクストン、 ジェームズ・マースデン、 フレッド・ウォード、 エドワード・ジェームズ・オルモス

DATE:2013/11/04 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »