« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013.08.15

「ワールド・ウォー Z」

ブラッド・ピット主演のパニック・アクション作品。
「ワールド・ウォーZ」というタイトルから何と戦うのかと思ったら、「Z」っていうのは
ゾンビ(Zombie)のZだったのね・・・・

つまりゾンビーパニック映画。
原作があるらしい・・・

謎の疫病の発生し、感染者が爆発的に増大。元国連捜査官だったジュリー(ブラピ)が呼び戻され、家族の保護と引き換えに原因調査のための感染地へ向かうことに・・

一行には、若手のウィルス学者が同行し、この学者が究明のキーマンになるのかなぁ・・なんて思っていたら、なんとまあ最初の渡航地韓国であっさり退場・・しかも、ゾンビに襲われたパニックで銃が暴発したとかなんとか・・・なんじゃこりゃ・・・

で、次の手がかりを求めてイスラエルへ行くものの、折角壁を作って、隔離していたもののバカな民衆をコントロールできずに大きな音でゾンビえお活性化し、壁を超えて侵入されるはめに・・・
で、次はアイルランドのWHOの研究所へ・・

まあ、このあたりもご都合主義的な展開多しなのだけど、まあ、ヨシとしておきます。

で、全体的になんとなくバイオハザードシリーズ(特に1作目あたり)の雰囲気を感じてしまった。

保護を託した家族の話云々も、なんかいまいちだったなぁ・・
原作でも読んでみるとしましょ。



Img117

監督: マーク・フォースター
製作: ブラッド・ピット、 デデ・ガードナー、 ジェレミー・クライナー、 イアン・ブライス
製作総指揮: マーク・フォースター、 ブラッド・シンプソン、 デビッド・エリソン、 ダナ・ゴールドバーグ、 ポール・シュウェイク、 グレアム・キング、 ティム・ヘディントン
原作: マックス・ブルックス
脚本: マシュー・マイケル・カーナハン
撮影: ロバート・リチャードソン
美術: ナイジェル・フェルプス
衣装: マイェス・C・ルベオ
編集: ロジャー・バートン、 マット・チェシー
音楽: マルコ・ベルトラミ
キャスト: ブラッド・ピット、 ミレイユ・イーノス、 ダニエラ・ケルテス、 ファナ・モコエナ、 アビゲイル・ハーグローブ、 スターリング・ジェリンズ、 ジェームズ・バッジ・デール、 マシュー・フォックス、 デビッド・モース、 ルディ・ボーケン、 エリス・ガベル、 ピーター・キャパルディ、 ピエルフランチェスコ・ファビーノ、 ルース・ネッガ、 モーリッツ・ブライブトロイ、 ファブリツィオ・ザカリー・グイド、 ジョン・ゴードン・シンクレア

DATE:2013/08/14 TOHOシネマズ日劇
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.08

「エンド・オブ・ウォッチ」

 ヒスパニックや黒人のストリート・ギャング団の抗争が絶えず、アメリカ国内でもっとも危険な街とも言われるロサンジェルスのサウス・セントラル地区を舞台に、常に死と隣り合わせの日常を送る一組のパトロール警官コンビの過酷な日々の現場と強い絆を描いた衝撃のリアル・ポリス・アクション。

サウス・セントラル地区を担当する白人巡査テイラーとその相棒であるメキシコ系巡査ザバラ。パトロール中に思いがけずメキシコ麻薬カルテルの秘密に触れてしまった2人は、組織から命を狙われるようになり……。

「END OF WATCH」というのは、業務日報のことらしいです。
序盤は2人の日常のパトロールと犯罪に対処する場面が展開して行くのですが、中盤に麻薬カルテルの一件が挿入されて最後は銃撃戦のシーンへと。

まあ、最終的に二人ともヤラれたと思わせて、辛うじて一人は生還するというオチなのですが、なんか消化不良だったなぁ・・・




Img116

監督: デビッド・エアー
製作: ジョン・リーシャー、 デビッド・エアー、 ナイジェル・シンクレア、 マット・ジャクソン
製作総指揮: ランドール・エメット、 ステパン・マルティロシャン、 レミントン・チェイス、 アダム・カッサン、 クリサン・バージェス、 ガイ・イースト、 トビン・アームブラスト、 ジェイク・ギレンホール
脚本: デビッド・エアー
撮影: ロマン・バシャノフ
美術: デボラ・ハーバード
編集: ドディ・ドーン
衣装: メアリー・クレア・ハンナン
音楽: デビッド・サーディ
キャスト: ジェイク・ギレンホール、マイケル・ペーニャ、 アナ・ケンドリック、 ナタリー・マルティネス、 ハイメ・フィッツシモンズ、 フランク・グリロ、 デビッド・ハーバー、 アメリカ・フェレーラ、 モーリス・コンプト、 ヤヒラ・“フラキス”・ガルシア、 クレ・スローン

DATE:2013/08/07 中野ZEROホール(試写会)
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »