« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013.07.02

「アフター・アース」

ウィル・スミス、ジェイデン・スミス共演のSFアクション。
原題も「After Earth」。

人類が他の惑星に移住せざるをえなくなって、地球を放棄して移住したというのが、前提。
ところが、移住先には先住種族がいて、戦いに・・・そして先住種族は人類の恐怖を感知して殺戮する生物兵器をアーサを投入・・・しかし、恐怖を持たない戦士サイファ(ウィル・スミス)によって、勝利の道へ・・・

さて、サイファは兵士の訓練のために訓練区域に向かうが、事故によって地球へワープし墜落してしまう。
生き残ったのは、サイファと息子のキタイだけ・・・

で、分裂した機体後部にあるビーコン装置を求めて、足を骨折したサイファに変わって、キタイが探しに行くというお話。

「1000年後の地球は人類に牙をむく緑の惑星」というのがキャッチコピーなんだけど、見ている限りはそういう風には描かれていないのだよなぁ・・・全てはキタイの内なる恐怖が回りを敵視しているように思える。
そして、訓練用に拉致していたアーサ1体も墜落で逃げ出し、これこそ牙をむく兵器に。

つまりは、ずべての筋は息子キタイの精神的成長を描いた作品だったようだ。

緑の地球もそんなに牙をむいてなかったよなぁ・・・あの大鷲でさえ・・・・

で、これが最近のシャマラン作品なのかなぁ・・・っと・



Img115

監督: M・ナイト・シャマラン
製作: ケイレブ・ピンケット、 ジェイダ・ピンケット・スミス、 ジェームズ・ラシター、 M・ナイト・シャマラン
製作総指揮: E・ベネット・ウォルシュ
原案: ウィル・スミス
脚本: ゲイリー・ウィッタ、 M・ナイト・シャマラン
撮影: ピーター・サシツキー
美術: トム・サンダース
衣装: エイミー・ウェストコット
編集: スティーブン・ローゼンブラム
音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード
視覚効果監修: ジョナサン・ロスバート
キャスト: ウィル・スミスサ、ジェイデン・スミス、ソフィー・オコネドー、ゾーイ・イザベラ・クラビッツ、リンカーン・ルイス、サッシャ・ダーワン、クリス・ギア、イザベル・ファーマン、クリストファー・ヒビュ、デビッド・デンマン、ダレル・フォスター

DATE:2013/07/01 TOHOシネマズ六本木
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.01

「真夏の方程式」

東野圭吾原作のガリレオシリーズ映画版第2弾。
もちろん原作は既読。

どうにも東野作品だと加賀=阿部、湯川=福山というラインが頭の中に出来上がっている感じがする。

さて、本作は海底資源探査のアドバイザーとして海辺の町を訪れた湯川が、同宿の男性が変死した事件に巻き込まれ、更にはキライなはずの宿の孫との親交を温めるというなんとも複雑な絡みをみせる筋になっている。

原作を読んでいるだけに、話の筋は概ね見えていたのだが、大きな改変はなかったようだ。
ただ、現作では岸谷君の登場は無かったハズで、内海クンも登場していたか定かではない。
また、所轄の刑事課所属のはずの岸谷クンがいつの間にやら、本庁捜査一課を名乗っているのは??だなぁ・・・
内海クンはTVシリーズのオリジナルキャラだったはずなのに、原作にも進出したから、岸谷クンも原作の次の作品あたりに登場するのかも・・・

で、本作ですが、孫の恭平をやった子役の山崎光がなかなか良い演技をしていた。

これで、今回の一連のシリーズは打ち止めなのかな。
で、しばらくは原作待ちって感じで、次のシリーズも期待して待っていましょ。



Img114

監督: 西谷弘
製作: 亀山千広、 畠中達郎、 平尾隆弘
エグゼクティブプロデューサー: 臼井裕詞
プロデューサー: 鈴木吉弘、 稲葉直人、 古郡真也、 大澤恵
協力プロデューサー: 牧野正
原作: 東野圭吾
脚本: 福田靖
撮影: 柳島克己
照明: 鈴木康介
美術: 清水剛
装飾: 田口貴久
整音: 瀬川徹夫
録音: 藤丸和徳
編集: 山本正明
VFXディレクター: 山本雅之
選曲: 藤村義孝
音楽: 菅野祐悟、 福山雅治
音響効果: 大河原将
スクリプター: 藤島理恵
監督補: 杉山泰一
助監督: 桜井智弘
製作担当: 千綿英久
キャスト: 福山雅治、吉高由里子、北村一輝、杏、前田吟、風吹ジュン、白竜、塩見三省、山崎光、西田尚美、田中哲司

DATE:2013/06/30 ワーナーマイカルシネマズ浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »