« 「ジャッキー・コーガン」 | トップページ | 「バレット」 »

2013.05.15

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」

大泉洋・松田龍平主演の「探偵はBARにいる」のシリーズ第2作。
原作は東直己ススキノ探偵シリーズの5作目「探偵はひとりぼっち」
第1作を観た後で、原作をシリーズ全部読破してしまったので、本作も楽しめた。

大泉洋もけっこう好きだし、なんと言っても影の脇役「光岡ビュート」がいい味を出している。

 北海道札幌の歓楽街ススキノで、みんなから愛されていたオカマのマサコちゃんが何者かに殺される事件が発生する。しかし警察の捜査は思うように進まず、仲間たちの口もなぜか一様に重い。やがて、事件の背後に浮かび上がるカリスマ政治家・橡脇孝一郎の影。そんな中、探偵の前に自力で犯人を見つけ出すと息巻く美人ヴァイオリニストの河島弓子が現われる。探偵は向こう見ずな弓子を何とかなだめすかし、彼女の依頼として事件の捜査を引き受けることに。こうして相棒の高田と共に真相究明に乗り出した探偵だったが…。

とまあ、筋はこんな感じ・・

で、本作でもヒロイン的役回りの美人バイオリニスト河島弓子=尾野真千子がいい味出してる。
殺されたオカマのマサコちゃんがゴリってのがいまいちなんだけど、まあ、これはご愛嬌ってところか。
いささか事件解決に端折ったかなってところもあったけど、まあ、2時間弱の作品では致し方なしか。

原作はまだまだ続編があるので、次はどうするのかが、また楽しみだ。
(もっとも原作では、体型がだいぶ変わっていくのではあるのだが・・・)



Img107

監督: 橋本一製作、 白倉伸一郎、 平城隆司、 木下直哉、 畠中達郎、 鈴井亜由美、 香月純一、 村田正敏、 樋泉実、 岩本孝一、 山本晋也、 大辻茂、 笹栗哲朗、 早川浩
企画: 有川俊、 桑田潔
プロデューサー: 須藤泰司、 栗生一馬、 大川武宏、 八木征志
原作: 東直己
脚本: 古沢良太、 須藤泰司
撮影: 田中一成
照明: 吉角荘介
美術: 福澤勝広
装飾: 大庭信正
録音: 田村智昭
整音: 室薗剛
編集: 只野信也
音楽: 池頼広
アクションコーディネーター: 諸鍛冶裕太
スチール: 奈良則孝
助監督: 倉橋龍介
製作担当: 曽根晋
キャスト: 大泉洋、 松田龍平、 尾野真千子、 渡部篤郎、 ゴリ、 田口トモロヲ、 篠井英介、 波岡一喜、 近藤公園、 筒井真理子、 矢島健一、 松重豊、 マギー、 池内万作、 安藤玉恵、 佐藤かよ、 麻美ゆま、 桝田徳寿、 冨田佳輔、 徳井優、 片桐竜次

DATE:2013/05/14 TOHOシネマズ六本木
評価:★★★☆

|

« 「ジャッキー・コーガン」 | トップページ | 「バレット」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/57387129

この記事へのトラックバック一覧です: 「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」:

« 「ジャッキー・コーガン」 | トップページ | 「バレット」 »