« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.27

「ストロベリーナイト」

原作:誉田哲也の姫川玲子シリーズの映画版。
原作のファンだったので、もちろん最初の2hドラマ「ストロベリナイト」から連ドラまでチェックしていて、連ドラで「インビジブルレイン」の内容が無かったから、映画化あるなっと予想通りの展開。

警視庁捜査一課の刑事・姫川玲子率いる姫川班の管轄で連続殺人事件が発生し、警察は合同特別捜査本部を設置する。やがて姫川のもとに「犯人は柳井健斗」という垂れ込み情報が入るものの、上層部から「柳井健斗には触れるな」という不可解な指示が下る。納得できない姫川は単独で捜査を進め、その過程で牧田という男と出会うが……。どうも、原作とちょっと離れた印象がした。
もう少し玲子が揺れていたような印象がするのだが、原作を再読するべきか・・・

そして、本作はCMでも流れている通り、本庁での姫川班最後の事件となって、以降は所轄の話になるわけだが、既に原作の最新刊「ブルー・マーダー」が出ている。

いずれにせよ、竹内:姫川は当たりのような気がするので、原作が続くかぎり映像化して欲しい。



Img098

監督 佐藤祐市
製作 亀山千広、細野義朗、市川南、山田良明、高橋基陽
エグゼクティブプロデューサー 種田義彦
プロデューサー 成河広明、土屋健、高丸雅隆、江森浩子
原作 誉田哲也
脚本 龍居由佳里、林誠人
撮影 川村明弘
照明 阿部慶治
映像 高梨剣
録音 金杉貴史
編集 田口拓也
選曲 藤村義孝
美術デザイン 塩入隆史
美術進行 藤野栄治
音楽 林ゆうき
助監督 本間利幸
スクリプター 藤島理恵
制作担当 持田一政
キャスト 竹内結子、西島秀俊、大沢たかお、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、津川雅彦、渡辺いっけい、遠藤憲一、高嶋政宏、生瀬勝久、武田鉄矢、染谷将太、金子ノブアキ、金子賢、鶴見辰吾、石橋蓮司、田中哲司、三浦友和

DATE:2013/01/26 ワーナーマイカル浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.24

「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」

久々の試写会でした。
会場はこれまたお初のシネマート新宿。新宿3丁目界隈の映画館には久しく行っていなかったので、存在もあまり知らなかった。

で、本作は、ギャングのボスのの殺害現場を目撃し、裁判の証人になることを承諾した消防士が、証人保護プログラムの元で、身分を隠して裁判まで保護されているのだが、情報が漏れて恋人ともども襲われてしまう。
で、消防士君が切れてギャングをボスに復讐しようと考えてしまうわけ。

ブルース・ウィリス作品が続いたが、本作のブルースはなんとかく脇固めという感じ。
あまり前面に出てこなくて、ちょい残念。

筋も消防士君の考えなしの行動に、ちょっといらっと。

まあ、最後はそうなるよなっと予想通り終わり方にも、期待薄。
まあまあだったかなという印象の作品でした。




Img097

監督 デビッド・バレット
製作 ランドール・エメット、カーティス・ジャクソン、ジョージ・ファーラ、マシュー・ローズ、アンドリュー・ディーン
脚本 トム・オコナー
撮影 クリストファー・プロブスト
美術 ネイサン・アマンドソン
編集 ポール・ハーブ
衣装 ミア・マドックス
音楽 トレバー・モリス
キャスト ジョシュ・デュアメル、 ロザリオ・ドーソン、ブルース・ウィリス、ジュリアン・マクマホン、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン、カーティス・“50セント”・ジャクソン、リチャード・シフ、ビニー・ジョーンズ、ビンセント・ドノフリオ

DATE:2013/01/23 シネマート新宿(試写会)
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.21

「LOOPER ルーパー」

ブルース・ウィリスが出演しているタイムパラドックス物。
で、ブルースはジョーという役名だが、30年前のヤング・ジョーがほんとの主演。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットという役者だそうだが、私はあまり良く知らない。
出演作を見てはいるけど、あまり印象に無いなぁ・・・
で、もう一人はエミリー・ブラント。

30年後にはタイムマシンが完成されてはいるものの、使用は禁止されていて、一部の闇組織が使用していて葬りたい相手を過去に送って殺害してしまうという、完全?犯罪に使用されているという設定。
で、こちらがわには、その闇組織が送られてくる対象を殺す組織仕切っているというわけ。
未来の自分が送られてきて、殺害するとループが閉じるという言い方で、その命は30年で固定されるというお話。

で、オールド・ジョー(ブルース)は、闇組織の手に落ち、かつての自分の元に送られると・・・
で、その手を逃れて、30年後に闇組織を仕切っているボスを、30年前の時点で抹殺してしまおうと考え、いろいろ手をうつというお話。

なんせ、同じ時点に未来の自分と過去の自分が存在してしまうという事自体が??ものなのだが、それはそれでお話の世界。

最後は、ヤングジョーがそのループを断ち切る所業に出るのだが、あのあとどうなったかという矛盾は山づみのまま・・・まあ、とにかく良かったのか悪かったのか・・・??な作品でした。




Img096

監督 ライアン・ジョンソン
製作 ラム・バーグマン、ジェームズ・D・スターン
製作総指揮 ダグラス・E・ハンセン、ジュリー・ゴールドスタイン、ピーター・シュレッセル、ジョセフ・ゴードン=レビット、ダン・ミンツ
脚本 ライアン・ジョンソン
撮影 スティーブ・イェドリン
美術 エド・バリュー
衣装 シャレン・デイビス
編集 ボブ・ダクセイ
音楽 ネイサン・ジョンソン
キャスト ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レビット、エミリー・ブラント、ポール・ダノ、ノア・セガン、パイパー・ペラーボ、ジェフ・ダニエルズ

DATE:2013/01/20 MOVIX川口
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.14

「96時間 リベンジ」

リーアム・ニーソン主演の「96時間」の続編。

14日、成人の日の祭日だったので、あまりいかない六本木で見ようなんて思ったのが大間違い・・・
東京はまれに見る大雪で、入館した時はまだなんとかだったけど、見終わって出てきたら大騒ぎになっていて、JRなんかも止まったりして、ちょっと帰宅に難アリだった。まあ、記憶には残るかな。

で、本題の本作。
前作で、娘のキムが拉致されたので、一味を洗い出し、犯人たちを一掃したのだが、今度は一掃された犯人の親父が息子たちを殺されたと逆ギレ・・・
リーアム父さんたち家族全員に復讐するというお話。
で、舞台はトルコのイスタンブール・・・なんか、ここは最近良く映画で見るなぁ・・・っと。

とにかく、父さんと元妻のレノーアが逆ギレ親父の一味に拉致されてしまうことに・・・運よく今度は娘のキムが逃れられたので、父さんはキムの助けを借りて脱出する元妻だけは救出に失敗。

で、父さん頑張るわけです。
記憶を頼りに追跡し、ついに親父以外に一味を一掃。
で、逆ギレ親父に最後のチャンスを与えるも、やっぱりな結末。

何にしても、テンポもよく90分強という時間も長すぎずに面白かった。
まあ、突っ込みところは無いわけではないけど、バランスが良かったということで、ヨシとしましょ。

さて、続編が作られるとは思っていなかったけど、さらなる「続」はあるのでしょうか?



Img095

監督 オリビエ・メガトン
製作 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
撮影 ロマン・ラクールバ
編集 カミーユ・ドゥラマーレ、バンサン・タベロン
音楽 ナサニエル・メカリー
キャスト リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、リーランド・オーサー、ジョン・グライス、D・B・スウィーニー、ルーク・グライムス、ラデ・シェルベッジ

DATE:2013/01/14 TOHOシネマズ六本木
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

「007 スカイフォール」

お馴染み「007」シリーズの50週年記念作品だそうで、ダニエル:ボンドの3作品目。
実は、私自身はあまり007シリーズを見ないのですが、今回は、たまたま映画の日のスケジュールで他の作品の選択が無かったので、久々に見てみたというわけ。

筋は007も年をとってそろそろ引退でもしたらという話が伏線に、あのM婆さんも勧告されつつ、序盤ではボンドが撃たれてしかも潜入エージェントのリストまで盗まれてしまうという体たらく。
音信不通となったボンド君は「死亡」扱いに・・・

とまあ、話は進み、リストを盗んだのは実は過去のMI6エージョントだったというお話。

その元諜報部員シルヴァのアジトという設定の「デッド・シティ」・・・船で行く廃墟も島という映像に、軍艦島みたいだなぁ・・っと思っていたら、エンドロールに「軍艦島」の名前が・・・やっぱりね。
流石に荒れ果てて危険なので、ロケはしなかったようだが、スタッフが映像をとってセット組みしたんじゃないかな?

あまりスパイアクションっぽいものはなかったけど、あのボンドカーの名作「アストン・マーチン」まで登場させて流石「記念作品」と思える演出でした。



Img094

監督 サム・メンデス
製作 マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ
製作総指揮 カラム・マクドゥガル
脚本 ニール・パービス、ロバート・ウェイド、ジョン・ローガン
撮影 ロジャー・ディーキンス
美術 デニス・ガスナー
衣装 ジャイニー・テマイム
編集 スチュアート・ベアード
音楽 トーマス・ニューマン
主題歌 アデル
キャスト ダニエル・クレイグ、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ、ベン・ウィショー、アルバート・フィニー、ロリー・キニア、オーラ・ラパス

DATE:2013/01/01 ワーナーマイカル浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »