« 「エクスペンダブルズ2」 | トップページ | 「北のカナリアたち」 »

2012.10.27

「アルゴ」

 79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口実に使った驚愕の救出作戦を基にした作品。
監督・主演はベン・アフレック。
エンドロールによると97年に秘密解除されて開示されたそうだ。

 1979年11月。革命の嵐が吹き荒れたイランで、民衆がアメリカ大使館を占拠して、52人の職員を人質にとる事件が発生する。その際、裏口から6人の職員が秘かに脱出し、カナダ大使の私邸に逃げ込んでいた。しかしこのままではイラン側に見つかるのは時間の問題で、そうなれば公開処刑は免れない。にもかかわらず、彼らの救出は絶望的な状況だった。そこで国務省から協力を求められたCIAの人質奪還の専門家、トニー・メンデスは、架空の映画企画をでっち上げ、6人をロケハンに来たスタッフに偽装させて出国させるというあまりにも奇想天外な作戦を立てた。

で、結果的にはお決まりのぎりぎりセーフというところで(実際はどの程度の余裕だったのかは解らないが)、成功するわけなのだが・・

個人的にはあまり見る予定は無かったのだが、諸般の事情で鑑賞。
意外と良かったかな。
まあ、作戦としては成功したから公開できるわけなのだけど、なかなか迫力のある作りだったと思う。
エンドロールで、実際に事件に遭遇した本人たちの画像と作品内のキャストの画像が並んで映るのだが、キャスト・メイクがなかり本人に似ていたのは感心した。



Img092

監督 ベン・アフレック
製作 グラント・ヘスロフ、ベン・アフレック、ジョージ・クルーニー
製作総指揮 デビッド・クローワンズ、ニーナ・ウォラルスキー、クリス・ブリガム、チェイ・カーター、グレアム・キング、ティム・ヘディントン
原作 アントニオ・J・メンデス、ジョシュア・ベアーマン
脚本 クリス・テリオ
撮影 ロドリゴ・プリエト
美術 シャロン・シーモア
編集 ウィリアム・ゴールデンバーグ
衣装 ジャクリーン・ウェスト
音楽 アレクサンドル・デプラ
キャスト ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、、カイル・チャンドラー、ロリー・コクレーン、クリストファー・デナム、テイト・ドノバン、クレア・デュバル、ビクター・ガーバー、ジェリコ・イバネク、リチャード・カインド、スクート・マクネイ、クリス・メッシーナ、マイケル・パークス、テイラー・シリング

DATE:2012/10/27 TOHOシネマズ錦糸町
評価:★★★

|

« 「エクスペンダブルズ2」 | トップページ | 「北のカナリアたち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/55984778

この記事へのトラックバック一覧です: 「アルゴ」:

« 「エクスペンダブルズ2」 | トップページ | 「北のカナリアたち」 »