« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.23

「スノーホワイト」

有名なグリム童話“白雪姫”を、戦うヒロインの物語として大胆にアレンジして甦らせたファンタジー・アドベンチャー。
1997年にも、シガニーウィーバー主演で原作に忠実と銘打った実写版が作られたけど、本作は大胆にアレンジして国取り物語になっているようだ。

幼い頃に母を亡くしたプリンセス“スノーホワイト”は、継母となった魔女ラヴェンナによって実父マグナス王を殺され、自身も城の塔で幽閉生活を強いられる。それから7年。世界一の美貌が自慢のラヴェンナは、魔法の鏡により、成長したスノーホワイトが自分の美を脅かす存在であることを知る。そこで、永遠の美と若さを得るため、スノーホワイトを殺害してその心臓を手に入れようと画策。

スノーホワイトは城を逃げ出し、仲間とともに蜂起し、魔女ラヴェンナを倒すというお話なのだが・・・

途中、トロールや妖精が登場して、後々絡むのかと期待をさせるが、ただ通りすぎただけで、期待外れ・・
ラヴェンな役のシャリーズセロンがちょっと良かったかなという程度で、やや辛口評価。



Img080

監督    ルパート・サンダース
製作    ジョー・ロス、サム・マーサー
製作総指揮   パラク・パテル、グロリア・ボーダース
原案    エバン・ダーカティ
脚本    エバン・ダーカティ、ジョン・リー・ハンコック、ホセイン・アミニ
キャスト   クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン 、イアン・マクシェーン

DATE:2012/06/23 TOHOシネマズ錦糸町
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.01

「幸せへのキセキ」

英国であった実話をベースにした作品。
主演はマッド・デイモン、スカーレット・ヨハンソンと私の好きなダコタの妹、エル・ファンニングが出ている。

最愛の妻を亡くしたコラムニストのベンジャミン・ミーは、2人の子供ともうまく関係を築けなり、新天地でのスタートを決意して郊外の理想的な物件を見つける。
ところがその物件には条件が付いていた・・・閉鎖された動物園と飼育員チーム、そして動物園の継続・・・ベンジャミンは周囲の反対を押しきって、動物園を購入してしまう・・・
そして、役所の検査は通るのか・・

というお話で、近々、フジTVのアンビリバボーでも放送があるようだ。

映画としては、淡々と話が進んでいて、綺麗にまとめられていたという印象だけど、実際もっと大変だったのだろうなぁ・・っと推測できる。そのあたりにもう少し触れても良かったのかなぁっとは思うけど、これはこれで良かったのかとも。

エル・ファニング・・・・う〜〜ん、大人になったなぁ・・・っと。



Img079

監督: キャメロン・クロウ
製作: ジュリー・ヨーン、キャメロン・クロウ、リック・ヨーン
製作総指揮: イロナ・ハーツバーグ
原作: ベンジャミン・ミー
脚本: アライン・ブロッシュ・マッケンナ、キャメロン・クロウ
撮影: ロドリゴ・プリエト
美術: クレイ・グリフィス
編集: マーク・リボルシー
衣装: デボラ・L・スコット
音楽: ヨンシー
キャスト: マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ

DATE:2012/05/31 よみうりホール(試写会)
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »