« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.24

「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」

お馴染みトム・クルーズ主演の第4弾。
今回の舞台は、ロシアのクレムリン、ドバイのブルジュハリファ、インドのムンバイ。

ロシアのクレムリンで爆破事件が発生し、米国極秘諜報組織IMFのエージェント、イーサン・ハントと、ハントの率いるチームが事件の容疑者にされてしまう。

米国政府は「ゴースト・プロトコル」を発令してIMFを抹消。汚名を着せられたハントは、IMFの後ろ盾もえられないままチームの仲間だけを頼りにクレムリン爆破の犯人をつきとめ、さらには事件の黒幕が目論む核弾頭によるテロを防ぐためロシアからドバイ、インドへとわたり、過酷な戦いに身を投じる。

で、CMでお馴染みのシーンは、ドバイの世界一高いビルブルジュハリファのサーバールームへ侵入して、そこから戻るというシーン・・・まあご都合主義的なところはあるけど、アクションとしては面白い。

そしてムンバイでは、高層の自動カーポート内のアクションシーン。
場所が場所だけにここのアクションも面白かった。

ただ、決着の部分はちょっとなぁ・・・・とは思ったものの、娯楽作品としては及第!!



Img066

監督: ブラッド・バード
製作: トム・クルーズ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
製作総指揮: ジェフリー・チャーノフ、デビッド・エリソン、ポール・シュウェイク、デイナ・ゴールドバーグ
原作: ブルース・ゲラー
脚本: ジョシュ・アッペルバウム、アンドレ・ネメック
撮影: ロバート・エルスウィット
美術: ジム・ビゼル
編集: ポール・ハーシュ
衣装: マイケル・カプラン
音楽: マイケル・ジアッキノ
キャスト: トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、ポーラ・パットン、マイケル・ニクビスト、ウラジミール・マシコフ、サムリ・エデルマン、レア・セドゥー、ジョシュ・ホロウェイ、アニル・カプール、トム・ウィルキンソン、ビング・レイムス、ミシェル・モナハン

DATE:2011/12/23 TOHOシネマズ錦糸町
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.02

「ワイルド7」

1970年代に少年誌で連載されていた、望月三起也原作のコミックを実写映画化した作品。
アニメや実写ドラマにもなったことがあるらしい。

凶悪犯罪者を撲滅するために集められた、元犯罪者のグループで警察組織の超法規的特別別働隊という位置づけになっているらしい。
隊員は7名+リーダーの正規の警視正で、全員黒のライダースーツでバイク(色々)に乗っている。

本作のエピソードは3つ・・・オープニングは銀行強盗で人質多数を取り且つサブマシンガンで武装したグループ。
2つ目の詳細は不明だが、高速道路上で犯人グループを追い詰めたシーンのみ・・ここで深田恭子演じるユキに邪魔をされてしまう。

で、3つめが警察内部の不正・・桐生という公安調査庁配下のPSUとかいう組織で悪だくみをしている人間の排除・・・これがクライマックス。

う~~ん、しかしながら、どうにもテンポが悪く、確かにアクションシーンは派手なんですが、背景が解らない・・・まあ、説明が無いですからね。

深田恭子はともかく、私の好きな本仮屋君が出ていたのだけは評価しましょう。



Img065

監督: 羽住英一郎
プロデューサー: 阿部秀司
原作: 望月三起也
脚本: 深沢正樹
キャスト: 瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ、中原丈雄、吉田鋼太郎、深田恭子、中井貴一

DATE:2011/12/01 よみうりホール(試写会)
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »