« 「ツレがうつになりまして。」 | トップページ | 「ステキな金縛り」 »

2011.11.02

「ミッション:8ミニッツ」

アクション映画かと思ったら、実はSF要素たっぷりのサスペンスでした。

シカゴで乗客全てが死亡する列車爆破事件が発生。更なる犯行が予測されるため、犯人捜索のため政府が遂行する極秘ミッションに、米軍エリートのスティーブンスが選ばれ、事故犠牲者の事件発生8分前の意識に入り込み、その人物になりすまして犯人を見つけ出すという作戦を行う。
必ず8分後には爆破が起こり元の自分に戻るスティーブンスは、犯人が判明するまで何度も「死」を体験する。そのうちに次第に作戦への疑惑を抱きはじめる。

実は、スティーブンスは・・・・

で、何度目かのミッションで無事に犯人にたどり着き更なる犯行をくい止めることに成功したわけですが、スティーブンスは最後にもう一度送り込んで欲しいと望む。

ラストはある程度予想されたシーンではありましたが、若干救いのあるラストで良かったと思います。比較的好評化!!



Img061

監督: ダンカン・ジョーンズ
脚本: ベン・リプリー
製作: マーク・ゴードン、フィリップ・ルスレ、ジョーダン・ウィン
製作総指揮: ホーク・コッチ、ジェブ・ブロディ、ファブリス・ジャンフェルミ
撮影: ドン・バージェス
美術: バリー・チューシッド
編集: ポール・ハーシュ
衣装: レネー・エイプリル
音楽: クリス・ベーコン
キャスト: ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ベラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト、マイケル・アーデン、キャス・アンバー、ラッセル・ピーターズ

DATE:2011/11/01 TOHOシネマズ有楽座
評価:★★★

|

« 「ツレがうつになりまして。」 | トップページ | 「ステキな金縛り」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/53141953

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッション:8ミニッツ」:

« 「ツレがうつになりまして。」 | トップページ | 「ステキな金縛り」 »