« 「サンクタム」 | トップページ | 「ミッション:8ミニッツ」 »

2011.10.10

「ツレがうつになりまして。」

宮崎あおい、堺雅人主演で細川貂々さん原作のコミックエッセイを映画化した作品。

Img060
原作も読了済み・・・この作品は実は2009年に藤原紀香がハルさんを、原田泰造がツレさんを演じてNHKで連続ドラマとしても放映されていた。

NHK版の方は、比較的原作に忠実だったのかなぁ・・という印象。
本作は、原作のエッセンスを十分に取り入れながら、若干のアレンジを加えて、また別の「ハル・ツレ夫婦」を描いているような感じです。

で、どちらがどうだということは無いんですけど、殆ど声の出演だった「三上=梅沢富美男」さんの「この本を書いてくれてありがとう」がとても印象的だった。

宮崎あおいは「神様のカルテ」に続いて出演作を見てしまったのだけど、こちらの方が「上手い」という感じ出番も多かったし・・・そして堺雅人・・・割と好きな俳優さんなのです。
このコンビネーションがとても良かった。

本作の原作を読んだきっかけが、どうも思い出せないのですが、どこかのPC系のサイトで「ツレうつ」の紹介的な連載みたいなのがあったような気がしてます。



Img059

監督: 佐々部清
原作: 細川貂々
脚本: 青島武
キャスト: 宮崎あおい、堺雅人、吹越満、津田寛治、犬塚弘、梅沢富美男、田山涼成、大杉漣、余貴美子

DATE:2011/10/10 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★★☆

|

« 「サンクタム」 | トップページ | 「ミッション:8ミニッツ」 »

コメント

おっ、見に行かれましたか。

予告編に映っている西武線の駅が下山口みたいで、気になっています。。。

投稿: まさつぐ | 2011.10.10 21:45

まさつぐさん、コメントどうもです。
はい、見てきました。
原作も読んでいたので・・・

西武鉄道はエンドロールにも撮影協力でばっちりで、通勤する場面の撮影で車内も使っていたり、かなり協力していたようですよ。

ハルさんたちの住所(架空)も、所沢市内の中古1軒屋という設定になっているようです。
是非、見てみて検証してくださいね。

投稿: -B- | 2011.10.11 05:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/52955750

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツレがうつになりまして。」:

« 「サンクタム」 | トップページ | 「ミッション:8ミニッツ」 »