« 「RED レッド」 | トップページ | 「ザ・タウン」 »

2011.02.02

「完全なる報復」

ジェイミー・フォックス、ジェラルド・バトラー主演のクライム・サスペンス。

クライド(バトラー)は自宅に押し入った強盗に妻と幼い娘を惨殺されてしまう。
やがて、犯人のダービーとエイムスは逮捕されるが、決定的な証拠に乏しく、裁判での負けを恐れた担当検事のニック(ジェイミー・フォックス)は、独断で主犯格のダービーと司法取引を行い、エイムスに不利な証言を引き出す見返りにダービーの罪を軽減してしまう。結果、エイムスの死刑が確定する一方、ダービーはわずか数年の禁固刑に。

納得できないクライドは司法に対する挑戦という名目で、関係者の殺害を行なっていく。
クライドは逮捕・拘禁されているのだが、拘置所の外で関係者の殺害は続いていく。

正義とは何か、責任とは何かを問いかけている作品だと思う。
最初の強盗のプロセスやクライドの復讐の手段など表面的には突っ込みところは多々なのだが、その底に流れているものは深い・・・と感じられた。

当然共犯者を思わせる内容なので、さて共犯者は・・・う~~む、そう来たかあ・・でした。



Img032

監督: F・ゲイリー・グレイ
製作: ルーカス・フォスター、ジェラルド・バトラー、アラン・シーゲル、マーク・ギル、カート・ウィマー、ロバート・カッツ
製作総指揮: ニール・サッカー、マイケル・ゴーゲン
脚本: カート・ウィマー
撮影: ジョナサン・セラ
プロダクションデザイン:アレックス・ハードゥ
衣装デザイン: ジェフリー・カーランド
編集: タリク・アンウォー
音楽: ブライアン・タイラー
出演: ジェイミー・フォックス、ジェラルド・バトラー、レスリー・ビブ、ブルース・マッギル、コルム・ミーニイ、ヴィオラ・デイヴィス、マイケル・アービー、レジーナ・ホール、グレゴリー・イッツェン、エメラルド・エンジェル・ヤング、クリスチャン・ストールティ、アニー・コーレイ、リチャード・ポートナウ、マイケル・ケリー、ジョシュ・スチュワート、ロジャー・バート

DATE:2011/02/01 TOHOシネマズみゆき座
評価:★★★☆

|

« 「RED レッド」 | トップページ | 「ザ・タウン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/50753076

この記事へのトラックバック一覧です: 「完全なる報復」:

« 「RED レッド」 | トップページ | 「ザ・タウン」 »