« 「ナイト&デイ」 | トップページ | 「死刑台のエレベーター(2010)」 »

2010.09.26

「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」

個人的に待望の「ミレニアム」シリーズ(スウェーデン版)の第3弾。

前作と同様に原作を読んでないとちょっと厳しいかもしれないが、原作に忠実によく作られていると思う。
なんと言っても「リズベット」につきる。
3部の内で私の最も大好きな部分。

2部と同じように、原作の長さに比較して、時間の関係上いくつかのエピソードが削られてはいるものの、肝心な部分はきっちり抑えているので、それなり面白い。

法廷でのやりとりは時間の関係だろうけど、もうちょっと見てみたかったなぁ・・・原作ではとても良いテンポだったので・・

1部の「ドラゴンタトゥーの女」で原作未読だった方達からの批評で、意味のわからないレイプシーンが・・というのがあったが、あのエピソードはこの法廷劇につながる重要なエピソードなので外すわけにはいかなかったのが解っていただけると原作ファンとしても嬉しい。

ということで、3部すべて完了。

ハリウッドリメイク版がどのような形で取られるのか、期待大で待つとします。



Img015

原題: Millenium 3: The Girl Who Kicked the Hornet's Nest
監督:ダニエル・アルフレッドソン
製作:ソロン・スターモス
脚本:ヨーナス・フリークベリ
原作:スティーグ・ラーソン
撮影:ペーテル・モクロシンスキー
出演:ノオミ・ラパス、マイケル・ニクビスト

DATE:2010/09/25 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★★☆

|

« 「ナイト&デイ」 | トップページ | 「死刑台のエレベーター(2010)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/49563803

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」:

« 「ナイト&デイ」 | トップページ | 「死刑台のエレベーター(2010)」 »