« 「バイオハザードIV アフターライフ 」 | トップページ | 「悪人」 »

2010.09.14

「ミレニアム2 火と戯れる女」

個人的に待望の「ミレニアム」シリーズ(スウェーデン版)の第2弾。

前作と同様に原作を読んでないとちょっと厳しいかもしれないが、原作に忠実によく作られていると思う。
なんと言っても「リズベット」につきる。

まあ、原作の長さに比較して、時間の関係上いくつかのエピソードが削られてはいるものの、肝心な部分はきっちり抑えているので、それなり面白い。

今回はエリカがちょいと、アルマンスキーはまだ活躍せず・・・ソーニャの出番はもうちょっと多かったのだがなぁ・・・
ということで、3部は絶対みなくてはならないのだが、上映館が少ないのが残念。

ハリウッドリメイク版はちゃくちゃくとキャストが決まりつつあるようで、ミッケ役にはどうやらダニエル・クレイグが決まりそうだという話。色男的には問題無さそうだが・・・肝心のリスベットには、新人では無いもののほとんど無名の女優さん抜擢らしい・・・JUNOのエレン・ペイジなんかも候補だったようだが、この女優さんの写真を見る限り、メイク次第でなかなかいい線かもなぁ・・・とか思ってしまった。



Img015

原題:Millenium 2: The Girl Who Played with Fire
監督:ダニエル・アルフレッドソン
製作:ソロン・スターモス
脚本:ヨーナス・フリークベリ
原作:スティーグ・ラーソン
撮影:ペーテル・モクロシンスキー
出演:ノオミ・ラパス、マイケル・ニクビスト、アニカ・ハリン、ペール・オスカーション

DATE:2010/09/13 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★★☆

|

« 「バイオハザードIV アフターライフ 」 | トップページ | 「悪人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/49445418

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミレニアム2 火と戯れる女」:

« 「バイオハザードIV アフターライフ 」 | トップページ | 「悪人」 »