« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.29

「ベスト・キッド(2010)」

1984年の「ベスト・キッド」(The Karate Kid)のリメイク。
主演はジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン・・・ジェイデンはウィル・スミスの息子なんだけど・・・

話はリメイクだけに鉄板で、今回の舞台は中国の北京という設定。
で、案の定、北京の学校に馴染めないドレ(ジェイデン)は地元の子供たちにいじめられる毎日を過ごすはめに・・・・ある日、マンションの管理人のハンさん(ジャッキー)に虐められているところを助けられ・・・なんだかんだあって武道大会でいじめっ子達と勝負をすることに・・

実はハンさんは武道を教えていた過去があったのだった・・・

と、まあ、あとは大会でなんだかんだあって決勝で、鉄板な結果に・・・
筋書きが分っているだけに安心して見ていられる・・・が、分っているけど感動させられてしまった・・・
ジェイデンはウィル・スミスの息子だけど、あまり光ったところは無かったなぁ・・・
まあ、無難にこなしていたとう感じ・・・今後、どう変わっていくのか・・??
前にあまり出ないジャッキー・チェンは良かった・・・

リメイクで鉄板な筋書きだけど、お勧めかもしれない。
ちなみに全作は未見だったので、図書館の視聴覚資料蔵書にあったのを借り出し予約をしてしまいました。



Img009

原題:The Karate Kid
監督:ハラルド・ズワルト
製作:ウィル・スミス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ジェームズ・ラセター、ジェリー・ワイントロープ
製作総指揮:ダニー・エルフ、スーザン・イーキンス、ハン・サンピン
オリジナル脚本:ロバート・マーク・ケイメン
脚本:クリストファー・マーフィ
撮影:ロジャー・プラット
美術:フランソワ・セギュアン
編集:ジョエル・ネルソン
音楽:ジェームズ・ホーナー
出演:ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン、タラジ・P・ヘンソン

DATE:2010/07/28 中野サンプラザ(試写会)
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.07.28

「ソルト」

アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイ・アクション。

CIA職員のイブリン・ソルト(ジョリー)は、謎のロシア男性の告白により、大統領暗殺のために送り込まれたロシアの二重スパイの嫌疑をかけられる。CIAから追われる身となる。イブリンは変装で髪の毛の色を変え、別人になりすまして真相を突き止めようとする。

ジャパン・プレミアでアンジェリーナ・ジョリーを見てきました。

で、本作ですが、ラストの実は・・・流石に予想できていませんでした。
蜘蛛オタクなダンナが一枚噛んでいるのかなんて邪推しましたが、ほんとに邪推でした。
結末は見てのお楽しみですが、テンポは良く、なかなか展開も面白かったので、ボンド・ガールではなくボンドをやりたかったというアンジーにはピッタリだったかも。

でも、個人的にはアクション物のアンジーではなく「チェンジリング」なんかの社会派作品のアンジーの方が好きかも。



Img008

原題:Salt
監督:フィリップ・ノイス
製作:ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、サニル・パーカシュ
製作総指揮:リック・キドニー、マーク・バーラディアン、ライアン・カバナー
脚本:カート・ウィマー
撮影:ロバート・エルスウィット
美術:スコット・チャンブリス
編集:スチュアート・ベアード、ジョン・ギルロイ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーブ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー、アウグスト・ディール

DATE:2010/07/27 東京国際フォーラムA(プレミア試写会)
評価:★★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.22

「ジェニファーズ・ボディ」

トランスフォーマーで話題になった(らしい)ミーガン・フォックス(ジェニファー)とマンマ・ミーアに出ていた(らしい)アマンダ・セイフライド(ニーディ)主演のホラー・コメディ・・・・??
(トランスフォーマーの1作目は見たのだが、2作目とマンマ・ミーアは見ていない・・・・)

脚本は「JUNO/ジュノ」でオスカーを受賞したディアブロ・コーディによるオリジナルだそうだ。

試写会で見たのだが、上映前に熊田陽子がゲストでMCとのトークショーがあった・・・
ちょっと余計だったかも・・・

アメリカ中西部の田舎町を舞台に、悪魔に取り憑かれた学校一の美女ジェニファーと、彼女の秘密を知ってしまった親友のニーディの葛藤が描かれる。

秘密というのは、ジェニファが悪魔の儀式のいけにえされ・・・・悪魔が・・・そしてバンパイア・・・・??? そして発生する連続猟奇殺人事件・・・・

う~~ん、なんだか全てが唐突に、そして中途半端に・・・

ミーガン・フォックスが主演で、ちょっと話題にようだが、個人的にはアマンダの好演が目立ったように感じた。
次作で良い役に巡り合うことを願っている。



Img007

原題:Jennifer's Body
監督:カリン・クサマ
脚本:ディアブロ・コーディ
製作:ディアブロ・コーディ、ジェイソン・ライトマン
出演:ミーガン・フォックス/アマンダ・セイフライド/ジョニー・シモンズ/アダム・ブロディー/J.K.シモンズ

DATE:2010/07/21 一ツ橋ホール(試写会)
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

「エアベンダー」

あの「シックス・センス」のシャマラン監督のファンタジー・・・・

かつて世界は、気、水、土、火の4つの王国にそれぞれのエレメントを扱える「ベンダー」と呼ばれる能力者たちがいていたがよって均衡を保っていた。ところが「火の国」が反乱を起こして以来、100年にわたる戦乱が続いていた。

伝説によると、全てのエレメントを操る者だけが世界に秩序を取り戻すとされ、「気の国」最後の生き残りである「エア・ベンダー」のアンに希望が託される。

ところが、アンは修行がいやで途中で抜け出し、氷に閉じ込められてしまう・・・その間100年・・・「気の国」は「火の国」によって全滅させられ、アンは「気の国」の最後の一人で全てのエレメントを操る「アバター」となるべく、まずは水のエレメントを操る修行をしつつ、「火の国」の勢力に対抗して行く。

どうやら原作があるようで、アンは「アバター」の資格はあるものの、修行を途中で抜け出してしまっており、本作は「第1部水の国」とかいう副題がついているところから、どうやら連作ものになるような気配。

ただ、シャマラン作品の色はまったくなく、ファンタジー・ロールプレイングの様相。
舞台も中国・タイ・インド風・・・その動きは太極拳もどきのよう・・・
テンポもあまり良くなく、いささか飽きてしまった。
3部作になるそうです・・・が、続編は見ない(劇場では)かも・・・



Img006

原題:The Last Airbender
監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:M・ナイト・シャマラン、サム・マーサー、フランク・マーシャル
製作総指揮:キャスリーン・ケネディ、スコット・アバーサノ、マイケル・ダンテ・ディマーティノ、ブライアン・コニーツコ
原作:マイケル・ダンテ・ディマーティノ、ブライアン・コニーツコ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ノア・リンガー、ニコラ・ペルツ、デブ・パテル、ジャクソン・ラスボーン、ショーン・トーブ、アーシフ・マンドビ、クリフ・カーティス


DATE:2010/07/19 イオンシネマ越谷レイクタウン
評価:★★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.15

「インセプション」

レオナルド・デカプリオ、渡辺謙主演のSF・アクション・サスペンス。
監督はクリストファー・ノーランであおの「メメント」を撮った監督。

脇に「JUNO」のエレン・ペイジも出ていた。
妙に最近見かけるかも・・

お話は、コブ(レオ)は産業スパイで、その情報の盗み方はターゲットを昏睡させている間にその夢に潜入し潜在意識から情報を盗み取ってくるというもの。

なんだかどっかで聞いたような話で、このコンセプトはなんと私の好きな夢枕獏先生の「サイコダイバー」そのものじゃないですか・・・・なんだかなかぁ・・

まあ、それはおいといて、夢の中の世界を設計する設計士やら麻酔の薬を調合する調合士やらわけのわからない役をふるメンバーが出てきます。ちなみにエレン・ペイジは夢の中の世界を設計する設計士なんだそうだ。

で、渡辺謙は依頼主・・・今回は情報の盗みではなく、虚偽の情報の植え付け・・・
難しいのですと。

で、夢の中でまた夢の中にダイブし、更に・・メメントでもそうでしたが、話が交錯してちょっと見では訳わからない状態です。
結局、ラストも思わせぶりなシーンで終わり、ミッションクリアなのか否か・・・


東京国際フォーラムの特別試写会でしたが、前日にL.A.でプレミア試写会にレオ、渡辺謙が登場したニュースを朝みたので、まさか帰ってくるとは思っていませんでしたが、渡辺謙登場でした。おかげで、時間が押して帰りがかなり遅くなってしまいました。



Img005

原題:Inception
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン
製作総指揮:クリス・ブリガム
撮影:ウォーリー・フィスター
美術:ガイ・ヘンドリックス・ディアス
編集:リー・スミス
音楽:ハンス・ジマー
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケイン

DATE:2010/07/15 東京国際フォーラムA(特別試写会)
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.03

「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! 」

お馴染みフジTVの「踊る大捜査線」シリーズの映画化作品第3段。
なんと、湾岸署が新庁舎に移転することになり、あの青島刑事が強行犯係の係長に・・・!!

Img004

事件は引越しの最中に起こるのだが、まあ、なんというか警備ってあんなにアマアマでは無いとは思うのだけど、そこは「踊る・・」だから・・・

で、事件の真相は過去の犯人役の俳優さんが出てきて・・・あららそんな展開に・・・とまあ、これは見てのお楽しみ。

ただ「踊る」の割にちょっとテンポが悪かったかなぁ・・・という気もしないでは無かった。少し残念。
で、どうやら署長・副署長はこれで勇退らしく、ラストシーンにはあっという新署長が登場!!
青島が係長になったということは、袴田課長や魚住元係長の立場はどうなっているのだろう?
課長は健在のようだったが、新署長の元ではどうなるのか?
魚住元係長は、ちゃんと居たけど、どうやら総務の課長になっているようです。

せっかく、新署長が決まったので是非ドラマ版スペシャルで良いから、見てみたいなぁ・・・



Img002

監督:本広克行
製作:亀山千広
プロデューサー:臼井裕詩、安藤親広、村上公一
脚本:君塚良一
撮影:川越一成
美術:梅田正則
編集:田口拓也
音楽:菅野祐悟
出演:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、小泉孝太郎、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁、佐戸井けん太、小林すすむ、甲本雅裕、遠山俊也、寺島進、松重豊、高杉亘、小栗旬

DATE:2010/07/03 ワーナーマイカル浦和美園
評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »