« 「ボディ・スナッチャーズ」 | トップページ | 「ザ・ウォーカー」 »

2010.06.14

「クレイジー・ハート」

ジェフ・ブリッジス主演でアカデミーの主演男優賞を取った作品。

カントリー&バーボン好きな私としては、大満足の作品でした。

かつては伝説的カントリー・シンガーといわれたバッド・ブレイクが、タバコと酒(バーボン)にはまり、今では落ち目で安酒場(ホンキートンク)をドサ回りする酔いどれカントリーシンガー。
ある時、地元記者でシングルマザーのジーンと息子のバディに出会い、ジーンに引かれていく。
ところが、このバッド・・・4度も結婚・離婚し、28にもなる息子までいるが離婚して以来(4歳だったようだ)会ったことも無いという、決して家族向きでは無い不器用な男・・・

しかし、ジーンに会って家族というものの本質に触れたようで、息子にも電話を掛けてみるが、きっぱり拒絶されてしまう・・・・更に、バディの面倒を任された時に、迷子騒動を起こしてしまう。

そこで、やはりジーンは去って行くことに・・・

で、曲を書くのです・・・弟子のトミー・スイートに・・・

で、ラストのトミーのツアーの袖にバッドが、そして全国紙の記者になったジーンが現れる・・・・

期待させるような、関係修復は無かったけど、それぞれの道を歩んでいくような、ある意味ハッピー・エンド。
誰がなんと言おうと高評価です。



Img128

原題:Crazy Heart
監督・脚本:スコット・クーパー
製作:ロバート・デュバル、ロブ・カーライナー、ジュディ・カイロ、T=ボーン・バーネット
製作総指揮:ジェフ・ブリッジス、マイケル・A・シンプソン、エリック・ブレナー、レスリー・ベルツバーグ
原作:トーマス・コッブ
撮影:バリー・マーコウィッツ
編集:ジョン・アクセルラッド
音楽:スティーブン・ブルトン、T=ボーン・バーネット
出演:ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、ロバート・デュバル、コリン・ファレル、トム・バウアー、ジェームズ・キーン、ウィリアム・マルケス、ライアン・ビンガム、ポール・ハーマン、リック・ダイアル、ジャック・ネイション

DATE:2010/06/14 TOHOシネマズシャンテ
評価:★★★★

|

« 「ボディ・スナッチャーズ」 | トップページ | 「ザ・ウォーカー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/48628724

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレイジー・ハート」:

« 「ボディ・スナッチャーズ」 | トップページ | 「ザ・ウォーカー」 »