« 「あなたは私のムコになる」 | トップページ | 「マイレージ、マイライフ」 »

2010.05.05

「パリより愛をこめて」

リュック・ベッソン原案で監督は「96時間」のピエール・モレル作品。
主演はジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース=マイヤーズ・・・・

タイトルを見るとなんとなく恋愛ものかと思ってしますが、実はアクションもの・・・原題も「From Paris with Love」とまんま・・・・

パリのアメリカ大使館に勤務しジェームズ・リース(ジョナサン・リース=マイヤーズ)は、実はCIAの下級職員で、夢は正真正銘のエージェントになることだった。そんなある日、CIAからジェームズにテロ事件の捜査指令が下り、チャーリー・ワックス(ジョン・トラボルタ)というスキンヘッドの男とコンビを組むことになる。

リュック・ベッソン監督作品なので、最初から銃撃戦全開で、バリバリガンガン敵が死んでいくシーン満載なのです。
一方でリースの方は、ガンガンバリバリに不似合いな、妙な恋人が登場していちゃいちゃするシーンが・・・・

「・・愛をこめて」の意味がこのあたりにあるわけですが・・・

まあ、スピード感はあったけど、お話には??な部分も多々なので、それなりに見られたということ・・なのかな。
「96時間」の方が解り易くてスッキリして良かったなぁ。





Img120




原題:From Paris with Love
監督:ピエール・モレル
製作:リュック・ベッソン、インディア・オズボーン
製作総指揮:ビルジニー・ベッソン=シラ
脚本:アディ・ハサック
原案:リュック・ベッソン
キャスト:ジョン・トラボルタ、ジョナサン・リース=マイヤーズ、エリック・ゴードン、リチャード・ダーデン

DATE:2010/05/04 一ツ橋ホール(試写会)
評価:★★★

|

« 「あなたは私のムコになる」 | トップページ | 「マイレージ、マイライフ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/48271862

この記事へのトラックバック一覧です: 「パリより愛をこめて」:

» 映画「パリより愛をこめて 」ここでは理性はぶっ飛んだ、単純に面白い [soramove]
「パリより愛をこめて 」★★★★面白い ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス=マイヤーズ 出演 ピエール・モレル 監督、95分 、2010年5月15日公開、2010,フランス,ワーナー・ブラザーズ (原題:From Paris with Love )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジョナサン・リース・マイヤーズ扮するアメリカ大使館職員が、 ジョン・トラボルタ扮するFBIエー... [続きを読む]

受信: 2010.05.20 07:18

« 「あなたは私のムコになる」 | トップページ | 「マイレージ、マイライフ」 »