« 「運命のボタン」 | トップページ | 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 »

2010.05.15

「グリーン・ゾーン」

マッド・デイモン主演で、イラク戦争の「大量破壊兵器は存在したか」の謎にせまろうとする作品。

半分、実話がベースで半分はその上に築かれたフィクションという設定なのでしょう。

ミラー(マッド・デイモン)は、イラクで大量破壊兵器が存在するという情報を元に、実際に捜索するチームのチーフ。
何度か出動するものの、いつも空ぶりに終わるので、情報の信頼性にいささか疑問を持っていた。そこで同じく疑問を持つCIAのブラウンと独自に調査を始めるが・・・
実は、・・・という設定。

まあ、設定の部分にフィクションはあるものの、概ねこんな感じだったのかな・・・・っという雰囲気はたっぷり。
なかなかの力作に思えた。

マッド・デイモンは「インビクタス」に続いて個人的に高評価!!





Img121


原題:Green Zone
監督:ポール・グリーングラス
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、ロイド・レビン、ポール・グリーングラス
製作総指揮:デブラ・ヘイワード、ライザ・チェイシン
原作:ラジーフ・チャンドラセカラン
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
撮影:バリー・アクロイド
音楽:ジョン・パウエル
出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックス


DATE:2010/05/15 ワーナーマイカル浦和美園
評価:★★★☆

|

« 「運命のボタン」 | トップページ | 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/48364301

この記事へのトラックバック一覧です: 「グリーン・ゾーン」:

« 「運命のボタン」 | トップページ | 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 »