« 「ホワイトアウト」 | トップページ | 「笑う警官」 »

2009.11.02

「私の中のあなた」

キャメロン・ディアスが母親役で主演した作品。

2人の娘の内、白血病の姉・ケイトを救うために、デザインされた子供(ドナー)として作られて産まれた11歳の妹アナ。ある日突然、「自分の体のことは自分で決める」と腎臓の臓器提供を強いる両親を相手に訴訟を起こす。

母親サラ役のキャメロンも好演でしたけど、妹アナ役のアビゲイルが良い。
で、もう一つはアナが相談しに行く弁護士のキャンベル(アレック・ボールドウィン)。勝率91%を誇る弁護士なのだけど、アナの依頼を受けて、元弁護士でもあるサラと法廷で争うことに・・・キャンベル弁護士もいいのですよ。本人も障害(外からは見えない)を持っていてサポートドッグ(介助犬)のジャッジの助けを借りていたリする。

結末は裁判の結果では無かったのです。アナは誰の為に訴訟を起こしたのか・・・これがポイントなのです。

おそらく唯一の正解はなく、100人の人がみれば100通りの解釈と回答得るのではないか・・・そんな作品でした。

後期の一押しかな。





Img083




原題:My Sister's Keeper
監督:ニック・カサベテス
製作:マーク・ジョンソン、チャック・パチェコ、スコット・L・ゴールドマン
製作総指揮:ダイアナ・ポコーニイ、スティーブン・ファースト、メンデル・トロッパー、トビー・エメリッヒ、メンデス・フィン、マーク・カウフマン
原作:ジョディ・ピコー
脚本:ジェレミー・レベン、ニック・カサベテス
キャスト・スタッフ:
キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・バジリーバ、トーマス・デッカー、ヘザー・ウォールクィスト、ジョーン・キューザック、エバン・エリングソン、デビッド・ソーントン

DATE:2009/11/01 ワーナーマイカル浦和美園
評価:★★★★

|

« 「ホワイトアウト」 | トップページ | 「笑う警官」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/46652859

この記事へのトラックバック一覧です: 「私の中のあなた」:

« 「ホワイトアウト」 | トップページ | 「笑う警官」 »