« 「ザ・バンク -堕ちた巨像-」 | トップページ | 「僕らのワンダフルデイズ 」 »

2009.10.27

「ソウ6(SAW6)」

お馴染みのソリッド・シチュエーション・スリラーの第6作目。
前作「ソウ5」で思わせぶりなジョンことジグソウの遺品の謎の箱を受け取ったジル。
はたして、箱の中身は・・・・・

そして、前作でFBI捜査官のストラムが死体となって見つかるが、指紋が検出されなかったことから殺人鬼・ジグソウの後継者はストラムではないかという憶測が立てられる。しかし、ストラムの上司・エリクソンは刑事ホフマンを疑って接近していた。

ほぼ、この内容でホフマンとジルを中心に今回のゲームは進んで行きます・・・が、対象となるのはもちろん違う人々でジョンにかつ関わりのあった人物。
今回のゲームは、冒頭のゲームと主題のゲームが2つ組み込まれているのですが、冒頭の方が迫力ありました。
主題の方は・・・いまいちだったかなぁ・・・・

ほぼ、今までの謎の解釈は付けられたように思うので、私としてはこれで最後で良いかなぁ・・・っと、思うのですが、おそらく不満を持つファンは居るのかもしれませんね。





Img080



原題:Saw VI
監督:ケビン・グルタート
製作:マーク・バーグ、オーレン・クルーズ
脚本:パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン
キャスト・スタッフ:
コスタス・マンディラー、マーク・ロルストン、ベッツィ・ラッセル、トビン・ベル、ショウニー・スミス、ピーター・アウターブリッジ

DATE:2009/10/26 一ツ橋ホール(試写会)
評価:★★★

|

« 「ザ・バンク -堕ちた巨像-」 | トップページ | 「僕らのワンダフルデイズ 」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/46597858

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソウ6(SAW6)」:

« 「ザ・バンク -堕ちた巨像-」 | トップページ | 「僕らのワンダフルデイズ 」 »