« 「ミステリー・トレイン」 | トップページ | 「正義のゆくえ  I.C.E特別捜査官」 »

2009.09.30

「ヒマラヤ杉に降る雪」

「ミステリー・トレイン」に続いて工藤夕貴の出演作を見てみたいと思って、図書館に所蔵されていたので借りてみた。

「シャイン」のスコット・ヒックス監督が、戦争と人種偏見に焦点を当てた人間ドラマ。1954年、ワシントン州サン・ピエドロ島。
漁師のカール・ハインが水死体で発見され、状況証拠から日系ニ世のカズオ・ミヤモトが逮捕される。カールとカズオは戦争をはさんで土地のことで確執があったとされていた。カズオの妻ハツエには成す術もなく、やがて裁判が始まるが、事件を追う地元新聞の記者イシュマエルはある真実にたどり着く……。ハツエとイシュマエルは、戦争前に恋人同士だったが、戦争が始まりハツエが家族と共に収容所へ収監されたときに、ハツエから別れを切り出していた・・・

そして、裁判が始まる・・・検事は思いっきり人種偏見を持っているようで、判事に何度もいさめられる。イシュマエルは気づいた真実を打ち明けるかどうか迷っていたのだが、最終弁論が終わり、陪審員の評決を待つばかりの時点で、打ち明ける決意を・・・そして判事は無罪判決を申し渡す。

人種偏見の事故か事件かの裁判劇の中に、ハツエとイシュマエルの恋愛模様を織り込んだ作品。イシュマエルの成長物語と言っても良いかもしれない。

日本でも裁判員制度が始まっているが、個人的にはこの陪審員たちが新事実が明らかになる前に、どのような判断をしていたのか聞いてみたかった・・・でも、それは許されないことなのでしょうが。

ハツエは工藤夕貴、若い頃のハツエは鈴木杏が好演していた。

良作です。もっと早くみれば良かった。










監督・脚本 スコット・ヒックス
原作 デヴィッド・グターソン
製作 キャスリーン・ケネディ/フランク・マーシャル
出演 イーサン・ホーク/工藤夕貴/マックス・フォン・シドー/ジェームズ・クロムウェル

DATE:2009/09/29 VIDEO
評価:★★★★

|

« 「ミステリー・トレイン」 | トップページ | 「正義のゆくえ  I.C.E特別捜査官」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/46352790

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒマラヤ杉に降る雪」:

« 「ミステリー・トレイン」 | トップページ | 「正義のゆくえ  I.C.E特別捜査官」 »