« 「ディア・ドクター」 | トップページ | 「アマルフィ 女神の報酬」 »

2009.07.19

「ノウイング」

ニコラス・ケイジ主演の終末もの。
個人的にはニコラス・ケイジってあまり好きな俳優さんでは無いんですけどね。


Img063ある小学校で50年前にタイムカプセルを埋める。
50年後に開封されたタイムカプセルから息子が謎の数列を書いた手紙を息子が持ち帰る。

宇宙物理学者である父(ニコラス・ケイジ)が偶然その数字には過去50年に起きた事件・事故の日付と犠牲者の数に一致していることに気づく。
そして、その最後には、経過していない日付と犠牲者数と思われる数字が・・・

結局、人類滅亡+ノアの方舟的発想というわけで、息子と50年前に手紙を記述した少女の孫娘だけが救済されノアの方舟に・・・

まあ、いくつかの特撮はみるべきものがあって、迫力は満点だったのは事実だが、筋がいけません。
50年という経過は何だったのかとか、手紙の位置付けが曖昧で、やっぱり宗教の違い、信じるもののベースの違いなんでしょうか。

救いの無いエンディングだったので、辛口評価。

Img062 監督:アレックス・プロヤス
製作:トッド・ブラック ジェイソン・ブルメンタル スティーブ・ティッシュ アレックス・プロヤス
製作総指揮:スティーブン・ジョーンズ トファー・ダウ ノーム・ゴライトリー デビッド・ブルームフィールド
原案:ライン・ダグラス・ピアソン
脚本:アレックス・プロヤス ライン・ダグラス・ピアソン ジュリエット・スノードン スタイルズ・ホワイト
撮影:サイモン・ダガン
美術:スティーブン・ジョーンズ=エバンズ
編集:リチャード・リーロイド
音楽:マルコ・ベルトラミ
キャスト:ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソーン、ナディア・タウンゼント、アラン・ホップグッド、ダニエル・カーター、リアム・ヘムズワース

DATE:2009/07/18 TOHOシネマズ錦糸町
評価:★★☆

 

|

« 「ディア・ドクター」 | トップページ | 「アマルフィ 女神の報酬」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ノウイング」:

« 「ディア・ドクター」 | トップページ | 「アマルフィ 女神の報酬」 »