« 「愛を読むひと」 | トップページ | 「ディア・ドクター」 »

2009.07.13

「MW-ムウ-」

手塚治虫氏の原作を生誕80年を記念して映像化した作品だそうだ。

残念ながら原作を読んでいないので、どの程度原作に近いのか遠いのかはちょっと判らない。

主演は玉木宏(結城美智雄)と山田孝之(賀来裕太郎)。
原作でもこの二人がキーになるらしい。。
         Img060Img061

16年前、ある島で島民全員が死亡する事件が発生。実は米軍が開発中の毒ガス「MW」の漏洩によるものだった。政府によりその事実は隠匿され、島民は全員虐殺された。事件から密かに生き延び、成長してエリート銀行員となった結城美智雄は、冷酷な殺人鬼という裏の顔を持ち、結城の助けで、もう1人の生存者で神父となった賀来裕太郎は、結城が繰り返す犯行を止められないことに苦悩するが……。

玉木宏が美しきダークヒーローを演じると言うのが売りの一つだったはずですが、もう一味なりきれていないような・・・結局、彼はどうしたかったのでしょうね。

また、事件を追う記者として石田ゆり子が登場しますが、なんかあっけなく死んでしまって残念でした。予告ではもうちょっと深く係わるキャストなのかなぁ・・っと思っていたもので。

ただ、スピード感は良いです、テンポよく最後まで一気に見られました。





Img059



監督 岩本仁志
原作 手塚治虫
脚本 大石哲哉/木村春夫
出演 玉木宏/山田孝之/石田ゆり子/石橋凌

DATE:2009/07/12 丸の内ルーブル
評価:★★★

|

« 「愛を読むひと」 | トップページ | 「ディア・ドクター」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6071/45622529

この記事へのトラックバック一覧です: 「MW-ムウ-」:

« 「愛を読むひと」 | トップページ | 「ディア・ドクター」 »